ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile “C3″、5インチディスプレイ・クアッドコアプロセッサを搭載したデュアルSIM対応スマートフォン、2013年下半期中に発売予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobileの”C3”(コードネーム)と呼ばれる新型Xperiaの情報が中国のePriceで伝えられています。”C3”は、5インチディスプレイとクアッドコアプロセッサを搭載した、2013年下半期に発売予定のエントリー市場をターゲットにした機種とのことです。以前より噂されているMediaTek製プロセッサを搭載した機種のことでしょうか。5インチ・クアッドコアというと、Xperia Zのようなハイエンドモデルのような印象を受けますが、エントリー市場をターゲットにした機種ということで、おそらく、解像度は下げられ、プロセッサは安価なMediaTek製のものが採用されているのではないかと思います。”C3”はまた、デュアルSIM・デュアルスタンバイに対応しており、Xperia tipo dualやXperia E dualのように2つの電話番号で同時に待受けることも可能。中国キャリアごとに仕様を変更したモデルも発売されるそうです。価格は3,000元未満とされています。画像は”C3”として公開されていたものです。ホーム画面が2011年モデルのままであるところを見ると、コンセプト画像の可能性があります。Source : ePrice



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy S 4グローバル版を日本語化する方法
Google Playストアでは配信されていないXperia用スモールアプリ5種類を紹介
Amazon、10インチ2,560×1,600ピクセルのKindle Fireタブレットを開発中?

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP