ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本一まずいラーメン屋『彦龍』が20年の歴史に幕

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
hiko1

日本一まずいラーメン屋として有名な『彦龍』が2010年1月31日に閉店し、約20年の歴史に幕を下ろした。日本一まずいラーメン屋として人気を得たのは15年前で、ダウンタウンのマネージャーが偶然入った店があまりにもまずかったため、『ダウンタウンのごっつええ感じ』に出演することになったのがきっかけだ。

テレビで紹介されると “まずいのに” 大繁盛。連日行列ができるほどの人気になり、『タケシムケン』や『アッコにおまかせ!』にも登場するなどして、『彦龍』の店主の原憲彦さんがまるでタレントのような存在に。

当編集部は『彦龍』最後の営業日に店舗に行き、そのようすを取材。ここ最近は見られなかった行列が『彦龍』にできており、二度と食べられないまずいラーメンの味に、多くの人たちが舌鼓を打っていた。訪れていた客にラーメンの感想を聞いたところ、「絶妙な味でした」や「特徴ある味」、「斬新なラーメンだった」とコメントしていた。

この日、取材にやってきたのは当編集部とTBSのサンデージャポンのみ。フジテレビのスーパーニュースも取材をする予定だったが、ギャラでもめたため『彦龍』の店主が追い返したという。最後の営業を終えた『彦龍』の店主に感想をうかがったところ、「今後何して生活するのかって? 最近は御徒町のアカスリにハマっているんだ。ぶっちゃけエッチなところなんだけどな! ポイントカードも持っている。50分1万円」とのこと。

今後は店を開くことはないらしいが、テレビやラジオ、イベント、インターネットコンテンツなどには出演する可能性があるという。現在62歳の店主。これからも長生きしてほしいものだ。

■最近の注目記事
日本一まずいラーメン屋『彦龍』が20年の歴史に幕
超小型iPhone専用補助バッテリーが使いやすい!
ファミ通編集者が大好きなカレー屋に行ってみた
GACKTマジギレ「ふざけんな。馬鹿メディアども」
ガジェット通信流・お好み焼きレシピ大公開! 革命的美味しさ!

hiroの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。