体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【日曜版】長崎県佐世保市に行って本場の佐世保バーガーを食べてみた

p1100306s


このところ、全国各所で出店を続けている『佐世保バーガー』のお店。商品サンプルなどを見ている限りでは、肉や野菜がこれでもか! ってくらいに詰め込まれてるイメージがあったのですが、幸か不幸かいままで一度も食べたことがありませんでした。せっかく佐世保の近くに住んでいるんですから! ということで、佐世保まで食べに行ってきました。

p1100277s


長崎から佐世保まではJRで向かいます。早朝の便だったためか非常にレトロな車体でした。

p1100352s


p1100348s


佐世保駅のホームに着くと、いきなり肉を焼くいい香りが。まさかなぁと思っていたら駅の構内に佐世保バーガーのお店『ログキット 佐世保駅前店』がありました。テイクアウト専門店で、電車の時間にあわせて電話予約することも出来るそうです。

pic_0011


佐世保駅構内にある佐世保観光情報センターで、佐世保バーガーマップを入手します。この小冊子には佐世保市や旅行業界関係者が審査し、合格した佐世保市内の『佐世保バーガー認定店』のみが掲載されています。

p1100283s


向かったのは、佐世保バーガーの先駆けとなったお店の『ビッグマン』。佐世保駅から松浦鉄道に乗り換えて一駅、佐世保中央駅のすぐ近くにあります。開店時刻を少し過ぎて入店するものの、既に店内は満席。席が空くまで少し待たされました。

p1100295s


注文したのは、佐世保バーガーマップでも紹介されていた『ベーコンエッグバーガー500円』。注文してから焼き上げるので数分待ちます。

p1100307s1


一番下にあるパティは肉汁たっぷりで、パンにまでしみこんでいます。ベーコンは自家製、桜の原木を使ってじっくりとスモークしているそうで、口の中で旨味が広がります。これだけのボリュームのハンバーガーが500円で買えるなんて!

佐世保バーガーのお店は、比較的遅い時間帯まで開いているところがあります。これは、佐世保バーガーマップによると、「お酒の後はバーガー店へ」という佐世保流の行動パターンが存在しているためだそうです。家族のお土産にハンバーガーを買って帰るお父さんもいるのだとか。もし佐世保観光に来られることがあったら、そんな“文化”も真似してみてはいかがでしょうか? 佐世保の街は外国人バーやジャズバーも多く、長崎とはひと味違った『異国の風』を感じることが出来ますよ(このニュースの詳細写真付き記事はこちら)!

■ログキット 佐世保駅前店
長崎県佐世保市三浦町21-1
TEL:0956-22-9000
10:00~20:00オーダーストップ 年中無休
サイト

■ビッグマン
長崎県佐世保市上京町7-10
TEL:0956-24-6382
11:00~22:00 不定休
サイト(食べログ)

■こんなグルメの記事もあります。
○○だけを食べ尽くす!鰻の本場静岡潜入編!!【一本焼】
『揚げ玉きゅうり丼』を実食してみた【格差の食卓:第7回】
【オススメのモノくださいで通す企画】エジプシャンレストラン(タイ・バンコク)
初音ミクがえびせんになった!『みくせん』を食べてみた
○○だけを食べ尽くす!五反田で蟹を喰ってきた!!【横歩き】

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。