体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

携帯大手3社の2011年3月期決算比較 決算の行方はスマートフォン戦略が全てを握る

ASSIOMA

今回は大元隆志さんのブログ『ASSIOMA』からご寄稿いただきました。

携帯大手3社の2011年3月期決算比較 決算の行方はスマートフォン戦略が全てを握る
先日、携帯大手3社の決算発表が出そろいましたので、そちらの解説を行います。

・増収増益で勢いが止まらないソフトバンク。各社のトレンドは変わらず
3社の決算書から抜粋した、上期の損益計算書を下図に示します(単位は100万円)。
※画像をごらんいただけない場合は下記URLからごらんください。

携帯大手3社の2011年3月期決算比較

http://px1img.getnews.jp/img/archives/pl1.jpg

第3四半期は3社から期待のAndroid端末が登場することで各社のトレンドに変化が起きるかもと注目を集めていましたが、第2四半期に引き続いて、各社のトレンドに変化はありませんでした。NTTドコモが減収増益、KDDIが減収減益、ソフトバンクが増収増益という結果になっています。好調な決算を反映し、ソフトバンクは連結営業利益の予想を従来予想5000億円から6000億円にする上方修正を発表*1 しています。

*1:「業績予想の上方修正に関するお知らせ」2011年02月03日『ソフトバンク株式会社』公式サイト
http://www.softbank.co.jp/ja/news/press/2011/20110203_02/

各社ともに収益の牽引(けんいん)役はスマートフォンであり、減少傾向にある音声ARPU(Average Revenue Per User、加入者1人当たりの月間売り上げ高)をスマートフォン需要で補うという傾向に違いはありません。

決算の注目ポイントは前回*2 も記載しましたが、営業利益では既にソフトバンクがKDDIを抜いているという点です。4月~12月までの加入者増加数でも、1位がソフトバンクで252万人、2位NTTドコモ113万人、3位KDDI66万人となっておりソフトバンクはNTTドコモの二倍、KDDIの4倍という圧倒的な加入者獲得に成功しています。この勢いを反映して、市場の注目は累計加入者数でソフトバンクがいつ2位に浮上するのかに焦点が集まりだしています。

*2:「携帯電話大手3社の上半期決算と、今後の展望について考察する。データARPU上昇の鍵はソーシャルメディアとの融合にあり」2010年11月07日『ASSIOMA』
http://blogs.itmedia.co.jp/assioma/2010/11/arpu-1858.html

急速にスマートフォンに舵(かじ)を切り出したKDDIがどこまで巻き返せるかが今後のポイントになるでしょう。

・ARPUの比較
ARPUについても各社共に音声は減少傾向、データARPUが上昇傾向というトレンドに変化はありません。またソフトバンクのみデータARPUがARPUの過半数を越えているというのも第2四半期同様です。
※画像をごらんいただけない場合は下記URLからごらんください。

携帯大手3社の2011年3月期決算比較

http://px1img.getnews.jp/img/archives/arpu.jpg

・注目のスマートフォン販売台数
NTTドコモが126万台に到達し、今期の販売目標は130万台でしたが、今期中にあと100万台上乗せし、250万台販売を目標にすると発表しています。来年度には600万台を目指すということなので、スマートフォンに対する大きな期待を感じさせます。

KDDIは期中に期待の『IS03』を発売し、素晴らしい順調な滑り出しを記録したと発表しています。現時点の累計販売台数は50万台で、今年度中に100万台の大台に乗せると発表しています。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。