昔の写真やフィルムをデジタル化できるスキャナ『デジ造フォト』『デジ造フィルム』

access_time create folderデジタル・IT

デジ造フォト(PCA-PSC)


プリンストンテクノロジーは、写真やフィルムをカンタンにデジタル化できるスキャナ『デジ造フォト(PCA-PSC)』『デジ造フィルム(PCA-FSC)』を8月下旬より発売します。引き出しの奥や押し入れに眠っている懐かしい写真/フィルムを画像データとして復活させてみませんか。

『デジ造フォト』は、紙焼き写真を簡単な操作でデジタルデータに変換できるフォトスキャナ。USBメモリーやSDカード、マルチメディアカードなどを接続すれば、パソコンを使わずに画像データを保存できます。付属ソフトウェア『MediaImpression 1.2』を使えば、デジタルデータ化した写真の加工や編集も可能。傾き調整や赤目修正、色調整などのほか、静止画からスライドショー動画も作成できます。また、名刺やはがきを読みこんで、データベース管理できるソフトウェエア『BizScanner』も付属しています。解像度は300dpi、スキャン対応サイズはDSC/L判、名刺(最大108×162mm)、スキャン速度は約9枚/分(L判サイズ)。本体サイズはW175×D74×H42mm、重さ約248g、価格は1万5800円(税込み)です。

デジ造フィルム(PCA-FSC)

『デジ造フィルム』は、300万画素CMOSセンサーを採用し、スキャン解像度3600dpiを実現したフィルムスキャナ。ネガフィルム/ポジフィルムの両方に対応し、フィルムならではの詳細な情報をあまさず読み込み可能です。フィルムカートリッジは135フィルムのほかトイカメラなどで使われる110フィルム用カートリッジ、スライド用カートリッジなど3種類を用意しています。こちらも『MediaImpression 1.2』が付属。サイズはW105×D98×H74mm、重さ約189g、価格は9980円(税込み)です。

いずれの製品も、OSはWindows/Mac両対応。整理するのが面倒で、“押し入れの肥やし”にしてしまっている古い写真も、発掘してデータ化すればデジタルフォトフレームなどで楽しむこともできます。引越しなどの機会にうっかり捨ててしまう前に、データ化しておくといいかもしれません。
 
 

■関連記事
液晶画面で確認しながら操作できるフィルムスキャナー『ScanBit FS-502』発売へ
ムダに豪華すぎる! ハンディスキャナ『ScanSnap漆塗り特別モデル』50台限定発売
パソコン不要! SDカードに写真や名刺を保存『ハンディワンタッチスキャナー』
ネガ・ポジから紙焼きまで対応!思い出の写真をデータ化する『USBフィルムスキャナー PS9700』
持ち歩いて使おう!ドキュメントスキャナ『ScanSnap S1300』

access_time create folderデジタル・IT

Kyoko Sugimoto

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧