ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

お隣さんは連続殺人鬼? 80年代テイストなジュブナイル・ホラー『サマー・オブ・84』予告編解禁[ホラー通信]

連続殺人鬼も誰かの隣人だ。

『E.T.』『グーニーズ』『スタンド・バイ・ミー』『13日の金曜日』『エルム街の悪夢』など、80年代黄金期のジュブナイル映画とホラー映画にオマージュを捧げる『サマー・オブ・84』。情報解禁から話題を呼んだ本作の予告編が解禁となりました。

関連記事:オタク少年たちのホラーな青春。 『サマー・オブ・84』日本公開 80年代にオマージュを捧げるジュブナイル・スラッシャー

郊外に暮らす思春期真っ只中の15歳のオタク少年が、ひょんなことから「隣に住む警察官が実は連続殺人犯なのでは」と疑いを抱き、メガネ・デブ・不良の親友3人とともに極秘捜査を開始。

予告編を見る限りでは、少年たちは隣人の殺人鬼疑惑にかなりハッスルしている様子。「めちゃくちゃ興奮する!」「僕らが捕まえる」と意気揚々です。BGMがいかにもなレトロテイストなのがたまらない。

本作、このワクワクする予告編にして、“言葉を失うほどの残酷なエンディング”が待ち受けていると明示されておりますので、覚悟の上でご鑑賞を。

監督は、チャリンコ版MADMAXとも称される血しぶき大量の青春SF『ターボキッド』を手掛けたユニット“RKSS”。『ターボキッド』も傑作ですので、未見の方は『サマー・オブ・84』の公開を待つ間にぜひチェックを。

作品概要

『サマー・オブ・84』
8月3日(土)より、新宿シネマカリテほか全国順次ロードショー
公式サイト:https://summer84.net-broadway.com/

レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき