体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【シェアな生活】”シェア”は所有や消費よりも面白くなる――『ブックシェアカフェ』菅谷洋一氏インタビュー(4/4)

『ブックシェアカフェ』菅谷氏

”シェア”をすることによって、もっと本やコミックが楽しくなる。そんな場所として生まれた『ブックシェアカフェ高円寺店』の企画担当、菅谷洋一さんへのインタビュー第4回、最終回です。前回はこちら。
※連載シリーズ『シェアな生活~共有・共感・共生がもたらす新しいライフスタイル』関連記事です。

登場人物
菅谷=菅谷洋一さん。『ブックシェアカフェ』企画担当。
深水=ききて。深水英一郎(ガジェット通信)

シェアが所有や消費より面白くなる

●情報と物流

――深水:iTunesで映画の「セル」と「レンタル」が始まりました。また、GoogleTVなども話題です。

菅谷:5年くらい前に「放送と通信の融合」という言葉が流行りましたが、それは、TVでドラマを観ていて、その主演の女優が着ている服を端っこのバナーをクリックすれば購入できるという世界観のことを指しているのではなく、「放送インフラ」と「通信インフラ」がボーダレスになることだと思ってます。

 「PCインターネット」と「モバイルインターネット」を分けていた時代が長らく続きましたが、これを統合・融合してしまったのがiPhoneやスマホだと思います。端末が統合しました。今度は、GoogleTVのようなものが、「放送インフラ」と「通信インフラ」を統合・融合してしまえば良いなと思っています。またしても端末が統合するのかな、と思っています。放送法と通信法を分けたり、BSとCSを分けたりしていたのですが、それらをインターネットが飲み込んでしまうのかなと思います。

iPad

――深水:これは僕だけかもしれませんが……ゲームソフトとか、本とかCDとかDVDといった商品の品切れって腹が立つんです。内容はデータ、それもこれらの商品であれば元はデジタルデータじゃないですか。それをわざわざディスクに焼いて物流に乗せて流しているから”品切れ”を起こす。特にゲームなんかは、ネットで情報交換したりといった体験の共有部分も含めて楽しいという時代になってきているのに、発売日に品切れ。プレイしたいときにプレイできない。読みたい時に読めない。聴きたいときに聴けない。元はデジタルであるんだから、ネットで販売して欲しい。CDとかDVDとかいう容器を使った配信に対する不満も募ってきてるし、それを買って所有するという行為そのものの意味もわからなくなってきています。

1 2 3 4 5 6次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会