体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

電子出版はマンガの救世主になるのか? 漫画家『佐藤秀峰』連続インタビュー

ネットはマンガを変えるのか?

【僕たちの知ってた『マンガ家』とはなんか違う漫画家】
プロの漫画家には編集者がついていて、漫画家と一緒にアイデアを出し合ったり、原稿が間に合いそうにないときは催促に行ったり、一心同体となって漫画を作り上げている、というのが一般的な『漫画家と編集者』のイメージだが、佐藤秀峰という漫画家は今、編集者とはまったくコミュニケーションをとらずに仕事をしている。漫画を描くプロセスで一番大事だといわれるネーム(漫画の下書き、設計図)の作成。通常はネームが描き上がれば編集者に見せることになる。しかし、彼はそれをやらない。では誰にも見せていないのかというとそうではない。妻であり、プロ漫画家である佐藤智美さんに最初の読者となってもらい、意見をもらっているのだ。彼はなぜ編集者を拒むのか。なぜネームをみせないのか。漫画家にとって最初の読者とはなにか。

登場人物
秀峰=佐藤秀峰(さとうしゅうほう。漫画家。代表作『海猿』『ブラックジャックによろしく』など)
ふかみん=ききて:深水英一郎(ふかみえいいちろう。ガジェット通信の中の人)

ペン入れをする佐藤秀峰氏

■ネームを読んでもらう人は、誰でもいい
ふかみん:ネームが完成したときに、読んでくれる第三者的な人は必要ですか?

秀峰:僕はいてくれた方がいいですね。

ふかみん:秀峰さんはたまたま近くにキャッチボールをやってくれる人がいてよかったんだと思うんですけど、それがいない漫画家さんは、やっぱり編集者がいないとしんどいんじゃないでしょうか。

秀峰:読んでもらう人は、誰でもいいと思うんですよ。編集者だからといって、ものすごく的確でいい意見をくれることって、あんまりないんですよ。普通の人と変わらないです。

ふかみん:専門家である必要はない?

秀峰:相手が子供でもいいんですよ。誰かに見せて、反応がもらえればいいんです。

ふかみん:見せる相手は、多ければ多いほうがいいんですか?

秀峰:どうですかね。そうとは限らない気がします。描いたものが、相手にちゃんと伝わっているかどうか、ということを確認したくて見てもらっているだけなので。僕は、最大公約数的な、誰にでも好かれるような漫画を描きたいわけじゃないんです。例えば「美少女出した方がいい」とかアドバイスされても、それはそもそもやりたいことじゃないし、参考にならないんです。

ふかみん:なるほど。「誤解されず、意図通りに伝わっているのか」ということを確認したいだけ、ということなんですね。

秀峰:そうですね。

ふかみん:でも、ネームを見せている智美さんはプロの漫画家だし、一般の人とは違う意見をもらってるんじゃないですか?

秀峰:んー、そんなことはないですね。”好み”はありますけど。

ふかみん:”好み”ってなんの好みでしょう?

秀峰:んー、なんて言ったらいいんだろう……(しばらく沈黙)。……SFが好きな人もいたり、アクション映画が好きな人がいたり、人によって好きなジャンルは異なるし、感じ方にもいろんな傾向があると思うんです。そして漫画を読んでもらったときの感想は、それに影響されるはずなんです。

例えば僕がもし編集者で、少年漫画誌の作家さんからネームを見せてもらったとしたら、「実際魔法を使える人なんていないから、こういうのは止めた方がいいよ」とか言ってしまうと思うんですよね。

ふかみん:(笑) 「人は変身なんてできないよ」とか?

秀峰:「1回死んだら生き返るなんてことないから、それナシでしょ」とか。そういう話をしちゃうと思うんですよね。

ふかみん:秀峰さんはリアルさを追求していくんですね、今後も。

秀峰:いや、僕自身の作品のことを言えば、有り得ない設定でもいいんですよ。「自衛隊が戦国時代に行っちゃう」とかでも全然いいんです。ただ、人の感情などにリアリティがないと嫌なんです。

ふかみん:設定はいろいろあっていいんですね。

秀峰:そうです、いろいろあっていいんだけども、個人的な趣味の話をすると、やっぱりSFとかファンタジーには興味が持てない。嘘の世界の話を読んでも、自分の得にならないと感じてしまう。折角同じ時間を使うんであれば、得になるものに使いたい、と思っちゃうんですよね。でも、これは僕の個人的な趣向の話で、こんなことを少年漫画を描いている作家さんに言っても意味がないですよね? 誰かにネームの感想を聞く時に大切なのは、相手の発言の中から、個人の趣向に由来する発言を取り除き、表現の質について言及している部分だけに、耳を傾けることなんです。表現の質を高め、自分のやりたいことを明確にするために、意見を有効に利用できれば、という感じですかね。

要するに、誰の意見でもいいんです。聞き方の問題ですから。編集者の場合、クライアントという意識があるのか、個人の趣向をゴリ押ししてくることもよくあるので、そうなるとむしろ迷惑ですね。

マンガを描く佐藤秀峰氏

【漫画電子出版時代のインディーズとメジャー】

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。