体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ソフトの拡張性がヒットのカギ? Android搭載のユニークなノートPC『dynabook AZ』製品レビュー

東芝のAndroid搭載ノートPC『dynabook AZ』

東芝が8月下旬に発売予定のノートパソコン(PC)『dynabook AZ』をお借りしました。10.1型の液晶モニタとキーボード、タッチパッドを備えたノートPC型の本体に、OSはAndroidを採用した野心的な製品。Androidを搭載したタブレットPCがデルやAsusなど各社から予定されていますが、ネットブックの形態でAndroidを搭載する端末はほかに例がありません。東芝は“クラウドブック”というカテゴリーを命名し、スマートフォンの機動性とPCの操作性の両立をコンセプトにしています。はたしてどんなPCなのでしょうか。

※すべての写真を見るにはこちらをご覧ください

・ビジネス文具っぽい外観

ビジネス文具のような雰囲気

まず外観をチェック。閉じた状態でも厚さ12~21mmと非常に薄く、軽いことから、B5判のビジネスノートのよう。

天板のテクスチャパターンも、ビジネス文具のような印象を強くします。重量もわずか870gなので、小脇に抱えたりカバンに入れて気軽に持ち運べるのが特徴です。

・ハード上の拡張性は十分

HDMI出力端子とヘッドホン出力/マイク入力共用の端子、SD/SDHCメモリーカードとマルチメディアカードに対応するブリッジメディアスロットを装備

インタフェースは、左側面にHDMI出力端子とヘッドホン出力/マイク入力共用の端子、SD/SDHCメモリーカードとマルチメディアカードに対応するブリッジメディアスロットを装備。

USB端子とUSB Mini-B端子がひとつずつ、電源コネクタ、セキュリティロックのスロットを装備

右側面にはUSB端子とUSB Mini-B端子がひとつずつ、電源コネクタ、セキュリティロックのスロットを装備しています。

SDカードやUSBメモリーなどPC用のデバイスは外部ストレージとして認識されるので、PCからデータを受け取って作業することも可能。HDMIで出力すれば、グラフィック処理に優れた『NVIDIA Tegra 250プロセッサ』によりテレビなどに接続して大画面を利用することができます。外部の機器と接続して利用するハード上の拡張性は確保されています。

ネット接続端末として良好

ウェブ閲覧はノートPCと遜色なし

通信は無線LANとBluetoothに対応。ブラウザでウェブサイトを利用するには軽いうえにモニタが見やすく、快適な端末といえるでしょう。ただし、外出先で無線LANに接続するには、接続スポットを利用するか、イーモバイルやソフトバンクモバイルの『Pocket WiFi』、NTTドコモの『ポータブル Wi-Fi』といった無線LANルーターを使う必要があります。

1 2 3 4次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会