ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

作品を無断ネット配布された小説家が激怒「作者や作品への冒涜」

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
file

もしあなたが自分の著書を万引きしている人を見かけたら? ライトノベル作家の葵東(あおいあずま)先生は、まさにそんなシーンを目の当たりにした気分だろう。

葵東先生はインターネット上でさまざまなデータをやり取りできる『Google』(グーグル)でファイル交換ソフトのサイトを見つけ、自身の作品を発見。

ブログで「作者や作品への冒涜です」と不快感をあらわにしている。

葵東先生は『Google』でファイル交換ソフトの交換可能データリストの中に自身の著書『魔法の材料ございます』シリーズがあることを確認。2010年2月11日(木曜日)のブログ日記で「ファイル交換はやめてください!」というタイトルの日記を書いている。

・葵東先生の日記
拙作、魔法の材料ございますシリーズが、ファイル交換ソフトに登録されました。
宝珠が三つ66SFdjoc7xさん、ただちに公開をやめてください。
無料で読みたい人は、お近くの図書館をご利用ください。
古本屋を利用されてもかまいません。
しかしファイル交換はやめてください。
作者や作品への冒涜です。
宝珠が三つ66SFdjoc7xさん、あなたは我々物書きの敵です。

※上記ブログから引用

「宝珠が三つ66SFdjoc7xさん」というのは葵東先生の作品をインターネット上で配布している人物のハンドルネームと思われる。

ファイル交換ソフトで交換できるデータは違法アップロードされたものが多い。

それらデータは誰でもダウンロードできる状態となっているため金銭を払わずにゲームや本や映画などの作品を手に入れることが可能。

著作権を持つ人たちからすれば百害あって一理なしのツールである。

「宝珠が三つ66SFdjoc7xさん」に対して「あなたは我々物書きの敵です」と怒りをあらわにしている葵東先生。その気持ちはファイル交換ソフトユーザーたちに届くだろうか?

※2010.02.11 / 21:30 表記に誤りがございましたため訂正させていただきました。葵東先生はご自身の作品をファイル交換ソフトではなく『Google』(グーグル)で確認したとの事です。葵東先生と読者の皆様に慎んでお詫び申し上げます(編集部)

■最近の注目記事
チョコレートたっぷりチョコレートラーメンを食べてみた
チョコレートを使ったハンバーグが女性に大人気
サラマンダーを食べてみた
超超超超超超超巨大パフェを食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

placeboの記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。