ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

48時間以内に名作ゲームを移植する『むりげー』第5回は12/25開催!企画会議は『ニコニコ生放送』で!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
murige5_logo

Flashゲームクリエーターが名作ゲームを48時間以内に移植する『むりげー』プロジェクトが、次回イベントをクリスマスの夜、12月25日から開催すると発表しました。今回は、ミニブログ『Twitter』による実況に加えて、お題を発表する企画会議の模様を『ニコニコ生放送』の番組『ガジェ通生放送:48時間で名作ゲームを移植する『むりげー』公開企画会議!』で中継します。

『むりげー』は、高性能なオリジナルのゲームを低スペックなマシンに移植するという、開発者のひらめきとセンスを試される場がなくなったことから、Flashでやってみよう!というプロジェクト。イベントは過去4回開催され、いずれも、お題が決まってから48時間以内に移植ゲームを作って公開するという過酷なルールのもと、実施されています。

第1回お題:『ときめきメモリアル』
第2回お題:『スターラスター』
第3回お題:『ディシプリン*帝国の誕生』
第4回お題:『サンシャイン牧場』

最初はだれもが知っているコンシューマーゲームのお題から始まり、その後は発売されたばかりの『Wiiウェア』、『mixiアプリ』とバラエティに富んだお題に展開しつつある『むりげー』。今回はどんなお題が飛び出すのでしょうか。参加クリエーターの数も4名→6名→9名→22名と増え続けており、今回はどんな顔ぶれがそろうのかにも注目です。

今回は初の試みとして、お題を発表する企画会議を『ニコニコ生放送』で中継。12月25日(金)の20時30分から放送を予定している番組『ガジェ通生放送:48時間で名作ゲームを移植する『むりげー』公開企画会議!』の中でお題が発表されます(番組を視聴するには『ニコニコ動画』の会員登録が必要)。

イベント運営ルールは下記のとおり。

・ゲーム開発期間は“お題”発表から48時間以内
・“お題”は前回の最優秀者が決める
・最優秀者は出題者が決める
・オリジナルのゲーム素材は使わない
・ゲームは自分のサイトに公開
・ゲームコミュニティ『モゲラ』でも公開した作品でページビューを競う

第3回は『ひみつ研究所』が『DEATH PRISON』で最優秀者となり、第4回『サンシャイン牧場』のお題を発表しました。第4回の最優秀者を『ひみつ研究所』が決定し、その最優秀者が今回のお題を発表することになります。参加クリエーターは、お題発表から48時間後となる12月27日の夜までにゲームを制作し、順次公開していく予定です。

『ニコニコ生放送』によるお題の発表と並行して、『Twitter』でも最優秀者の発表からお題の発表、作品の公開まで実況される予定です。参加を検討しているFlashゲームクリエーターも、いち早く遊んでみたい読者の皆さんも、『Twitter』で“murigee”のアカウントをフォロー(特定のアカウントの書き込みを受信すること)してみてはいかがでしょうか。


・むりげー関連リンク
『むりげー』公式サイト
『Twitter』の『むりげー』アカウント

■関連記事
48時間以内に作れ!名作ゲームを“無理やり”Flashに移植するプロジェクト『むりげー』が発足
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第3弾!お題は『ディシプリン*帝国の誕生』に
48時間以内に名作ゲームをFlashに移植する『むりげー』第4回開催!お題は『サンシャイン牧場』に

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。