体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「炎上」の火の消し方

「炎上」の火の消し方

今回はメカAGさんのブログからご寄稿いただきました。

「炎上」の火の消し方

「ネットの議論のマナーの悪さを嘆く人たちへ」 2013年02月13日 『メカAG』
http://mechag.asks.jp/528745.html

「お行儀のいい世界で真っ先に切り捨てられるのは弱者」 2013年02月14日 『メカAG』
http://mechag.asks.jp/529108.html

でもちょっと書いたのだけど、インターネットが一般に広く普及する以前、パソコン通信や実名でのインターネットがまだ盛んだった頃に培われた、議論の技術というのが、インターネットの普及と共に失われてしまったように思う。今の時代の人々から見れば失われた先史文明みたいなものかもしれない(苦笑)。

今の人達は匿名こそが諸悪の根源で、実名制にすればすべての問題は解決するとか夢想しているけれど、そんなことはなくて実名でも炎上はたびたび起きた。

ただそれなりに規模が大きくかつ歴史の長いコミュニティは常連というか古参のメンバーがいて、火消し役を担っていたものだ。逆にそういう人材を得られなかったコミュニティは短命で崩壊・消滅した。

   *   *   *

まず人が集まれば論争(炎上)というのは避けられないことを認めるべき。問題はその火消しのタイミングと方法、つまり「終わらせ方」が重要。

当人たちも永遠に争っているわけにはいかないのは分かってるはずで、議論の上手い人は自力で議論の切り上げ方を知っている。それができない人は火消し役の人のお世話になることになる。

でもそれは恥ずかしいことじゃない。そうやって議論の仕方を学んでいくわけだ。

   *   *   *

上記のエントリと重複するが、まず双方言いたいことを言わせるべき。まだ言い足りないと思っている時に止めても無駄だし、無理に止めれば不満が残る。

そして論争相手はもちろんギャラリーも、とりあえず主張を聞くという姿勢が大事。あまりにも自分の価値観に反した主張であっても、とりあえず耳を傾ける。傾けたくなければ、聞かなくてもいいけど、とりあえず全部言わせる。

で、そうするとだんだんどちらも話す内容が尽きてくる。息切れしてくるわけだ。ここが火消し役の登場のタイミング。ここで議論を切り上げさせればいいのだ。そうしないから、あとは互いに人格攻撃になる。

   *   *   *

大事なことは、火消し役は議論のジャッジをしてはいけない点。どっちの主張が正しいか述べてはいけない。論争になるのは簡単に決着がつかない問題なのだから、その場で形ばかりの決着をつけても意味がない。そもそも正しい判断にならない。

では火消し役は何をするか?双方の主張の整理をするのだ。それぞれの主張のポイントを自分の言葉でまとめる。これにより当事者たちは「自分の主張が理解された」と満足する。

このまとめは相当注意深く行う必要がある。それまでの双方の議論の流れをすべて理解した上で要領よく要点をまとめなければならない。火消し役のまとめに対して当事者から「いや、そこは違う」となったら、信用されない。

どちらかの立場寄りであってもいけない。火消し役が個人的な意見を持つのは自由だが、「まとめ」自体は極めて中立的に行わなければならない。どんなに内心馬鹿馬鹿しいと思うような意見に対しても、中立を貫くことが必要。自分の意見を言いたいなら「まとめ」のあと。でもその場では言わない方がいい。

   *   *   *

双方の主張が整理されれば、争点も明らかになる。で、大抵の場合はそれは主張している人間の価値観に依存するものだから、どちらかが正しいということはできない。

意見の違いの根本はどこにあったのかを明らかにするだけで十分なのだ。当事者たちもその点について相手を説得できるとは思っていない。

大事なことは、双方の論者に、自分の主張が(同意されないまでも)理解されたと思わせること。それで納得するのだ。そういうことがわからない人たちは、どっちが正しいか一生懸命ジャッジしようとするから、いつまでも炎上が終わらない。

   *   *   *

またギャラリーも振る舞いを考えなければならない。思わず自分もなんらかの意見を言いたくなるだろうけれど、まずはそれまでの議論のログをきちんと読むこと。重複した意見を言ってはならない。大変かもしれないが、それができない人間は議論に参加する資格はないと考えるべき。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。