ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

地図を見ないで利用できるナビアプリ「こっちナビZERO」がリリース(プレスリリース)

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 パテントコネクションズは1月10日、Android向けナビアプリ「こっちナビ」の正式版「こっちナビZERO」をリリースしました。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 2.1以上を搭載した端末です。こっちナビは、目的地の方向と距離を画面上に表示し誘導してくれる一風変わったナビアプリ。地図に不慣れな方、土地勘のないところや辺り一帯が不整地といった地図では分かりづらい場所にいる場合でも使えるものとなっています。アプリは今年夏にリリースされた「こっちナビ」がベースとなっています。以下、プレスリリースです。

パテントコネクションズ株式会社(東京都渋谷区道玄坂1-12-1 渋谷マークシティW22階、代表取締役:水長雄大)は、地図を使わないナビアプリ、Android版 無料「こっちナビZERO」の正式バージョン(1.1.1)を2013年1月10日よりGoogle Play(http://goo.gl/s0B8w)で無料リリース開始いたしました。

「こっちナビZERO」は、無料、歩き専用のナビゲーションアプリです。“道に迷う不便な思いをさせないこと”を最優先の開発コンセプトと致しました。大航海時代、進む方向を決めるには、自ら海図を読み、方向や距離を知ることが必要でした。技術が進歩した今、これら全ての測量を、アプリが代わりにやってくれる時代になりました。「こっちナビZERO」は、このような技術を使った最新のナビアプリです。このナビアプリは、「矢印」を使って、現在地から目的地への方向をいつでも教えてくれます。ユーザーは、「地図を読まない」でも、目的地へと「楽に」着くことが出来るようになります。■「こっちナビZERO」の特徴・「自動的に」目的地の方向を示す「矢印」が斬新目的地を指す「矢印」を見れば、目的地と反対の方向に進んでいないか、直ぐに確認できます。例えば、駅の改札口を出た、その瞬間に、どっちの方向に行けばいいか、分かります。 「矢印」のアニメーションは斬新ですが、分かりやすいです。・ナビを開始させるまでの操作が簡単目的地を入力し、ガイド開始ボタンをタップするだけです。 あとは、すべてアプリがやってくれます。 最寄り駅等のジャンル(施設のカテゴリ)をワンタッチで検索できる機能も充実。・待ち合わせ機能が便利待ち合わせ場所を友達に送れます。待ち合わせ場所が送られてきた友達も、「こっちナビZERO」で、その場所に迎えます。教える方、受け取る方も安心。 例えば、仕事、飲み会やイベントの待ち合わせ場所のお知らせする時に便利。■アプリの詳細【アプリ名】こっちナビZERO【正式バージョン】 1.1.1【カテゴリ】ナビゲーション【価格】無料【マーケットURL】http://goo.gl/s0B8w【ディベロッパー名】The Patecone Team



(juggly.cn)記事関連リンク
Nexus 4の在庫不足問題は2月中旬には解消する見込み、LGフランス法人の関係者が明かす
ASUS MeMO Pad 10 ME301Tの開封&デモ映像が早くも公開
Xperia Z C6602(HSPA+モデル)がFCCの認証を取得、内部写真も公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。