体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

8年の歴史に幕 — 『Shockwave』が日本でのサービス終了へ

ゲームやFlashアニメーションを配信するエンターテインメントサイト『Shockwave』(http://jp.shockwave.com/)が、2009年1月31日で日本向けのサービスを終了することが明らかになりました。『shockwave.com』として2000年にサービスを開始してから8年、ついにその歴史の幕を閉じることとなります。ここで、これまでのShockwaveのサービスの歴史を振り返ってみましょう。

米国版のローカライズから
サービス開始当初のコンテンツは、米国shockwave.comのコンテンツを日本向けに一部翻訳して提供したものが中心でした。ゲームでは『テトリス』、『ディフェンダー』など、アーケードゲームをWeb版に移植したタイトルが人気を集めます。

アニメーションでは、Joe Sparksの『ラディスカルとデビルドール』、米コメディ・セントラルの『サウスパーク』、ティム・バートン監督が手がけた『ステインボーイ』などを配信し、その後のFlashアニメーションに大きな影響を与えました。また、マドンナやキュアーなど音楽アーティストのプロモーションビデオをFlashで制作した『Shockwave シングル』のシリーズが注目を集めました。

国内作品も徐々に充実へ
その後は国内メーカー、クリエーターの作品も配信を開始。Flashゲームでは『ZOO KEEPER』(ロボット)が爆発的なヒットとなったほか、テレビアニメ『OH! スーパーミルクチャン』の新シリーズ、秋元きつね氏のユニットnolabitによるFlashアニメ『ノラトリアム』など人気作品をリリースしていきます。

配信が終了したコンテンツでは、フジテレビで配信され、先ごろDVDがリリースされたFlashアニメ『CATMAN』も、Shockwaveで人気を集めた作品でした。うるまでるび氏による『おしりかじり虫』がFlashアニメ『うるまでるび GOLD』の中の1エピソードとして2004年に配信されていたことは、今では知る人ぞ知る事実となっています。

人気クリエーターの発掘も
CATMANの青池良輔氏に加え、Flashゲーム『モアイまわし』などで知られるタカヒロウ(宮澤卓宏)氏、『星探』シリーズなどで世界的に人気を集めるゲームクリエーターの石井克雄氏など、その後活躍するクリエーターを輩出してきたことも大きな特徴です。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会