体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

上司が「権利主張だけの無能人」と青年を解雇! 人気ブロガーが“上司のブログ大批判”

kaiko1

これからお伝えする問題は、人によって様々な考え方があることなので、いまインターネットで話題になっている事実をお伝えするだけにとどめることにする。もしかすると、自分の身に降りかかることもありえる、身近でリアルな問題だ。

4月某日、ひとりの青年が風邪で会社を2日間休んだ。体調が良くなったのか、3日目の午後には出社して仕事を進めることを上司に伝えたところ、「もう来なくて良い。今日付けで処理する」と言われた。青年は急なことで納得できずにいた。のちに解雇理由を文書で受け取ったところ、「勤怠不良による懲戒解雇」ということが判明。しかし、青年は勤怠不良といわれるような勤務態度ではなく、どうしてそうなったのか理由を納得できないでいたという。

しかし後日、この青年はひとつの解雇理由を発見した。解雇についてやりとりした上司が、自身の公式ブログで「欠勤しているのにブログを書くような奴は仕事中も手を抜くに決まっているので、会社にとって”悪”だ。組織に伝染する前に”ひねり潰す”」という内容の記事を書いていたのである。しかも、その記事か掲載されたのは、上司と青年が解雇についてやりとりをした当日だったのだ。

この解雇された青年は、解雇した会社や上司に対して対決姿勢や文句を言っていることはない。彼は前向きに物事をとらえる方向に考えを向け、起業をすることにしたという

話は戻るが、この一件はこれで決着がついたわけではなかった。青年を解雇した上司のブログの記事はいくつかのサイトにも転載されているようで、多くの人たちの目に触れることになった。そして、解雇された青年のブログも多くの人たちに知られてしまっている。現状としては、青年を解雇した上司のブログに対し、厳しい意見をぶつけているサイトもある。

livedoor Blogの『404 Blog Not Found』では、『勤労を主張して業務というものを知らない無能雇用主』というタイトルでこの上司を非常に非難している。非難された上司が書いた記事のタイトルが『権利ばかり主張して義務を果たさない無能人』なので、それを皮肉った内容となっている。ちなみにこの非難記事は、『はてなブックマーク』で260人以上がブックマークしているほどの注目ぶりだ。わかりやすく上司の発言と『404 Blog Not Found』管理人の発言を並べてみると、以下のようなものになっている(以下、『404 Blog Not Found』より抜粋して要約)。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。