ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 『シン・ゴジラ』ならぬ『シ○・ゴジラ』!?  『Twitter』にアップされた画像が話題に
  • ペン・丸めた雑誌・タオル……何でも武器にしちゃう男ジェイソン・ボーンの活躍を振り返り
  • 『美女と野獣』監督に聞く実写映画化へのこだわり「ハリウッドでは描けないフランス文化を取り入れた」
  • 【インタビュー】トム・ホランド、映画『スパイダーマン:ホームカミング』やスピンオフ作品について語る
  • MIYAVI×『無限の住人』コラボMV解禁! 「無限の住人は、木村拓哉さんの人生の新たなる岐路、出発点なんだろうな」
  • 「私は好奇心に動かされて生きている」いよいよ公開! 『マッドマックス 怒りのデス・ロード』ジョージ・ミラー監督インタビュー
  • 神父ってレベルじゃねえぞ! ゾンビってレベルじゃねえぞ! 過激ホラーアクション映画『最強ゾンビハンター』【未体験2014】
  • 夢から醒めると“ロボコップ”になっていた――3月14日公開の映画『ロボコップ』より新映像解禁! これは切ない
  • 永瀬廉演じる花穎さまのお部屋公開! 映画『うちの執事が言うことには』上流階級のゴージャスな住まい&こだわりのインテリアに注目
  • 全国民を恐怖に陥れた映画『スマホを落としただけなのに』続編決定! 主演・千葉雄大と怪演・成田凌が再び対峙
  • 大統領夫人も“事実婚”のフランスだから描けた新しく愛おしい家族の形『わたしたちの宣戦布告』
  • 映画『LOGAN/ローガン』のジェームズ・マンゴールド監督、リメイク版映画『ラスト・ボディガード』の監督に決定
  • 【今週の“誰得”映画】きれいなイケメンは好きですか? 『Miss Boys! 決戦は甲子園!?編』
  • 『GAMBA ガンバと仲間たち』ガンバ役に梶裕貴・潮路役に神田沙也加が決定! 「梶さんは7年前から候補でした」 
  • 『言の葉の庭』新海誠監督インタビュー「これまでの作品と違うのは主人公が“他人を知ろう”としている事」
  • “フライト・シーン”が気持ちイイィィ! 空飛ぶ“赤いベイマックス”の映像が初公開

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ

『週刊ファミ通』の会社からセガ社員に「死ね!」と書き込み

segagaga

株式会社エンターブレインの社内と思われる場所から、インターネット掲示板『2ちゃんねる』に対し「岡野マジくたばれ! 今すぐしね!」という書き込みがされ、『2ちゃんねる』の運営会社はこれを掲示板を荒らす “荒らし認定” をし、IPアドレスを公開した。

通常は『2ちゃんねる』にコメントを書き込みをしてもIPアドレスは公開されないのだが、運営会社が書き込みを営業妨害と判断したり、悪質な書き込みだと判断した場合は、IPアドレスを公開する。場合によっては、そのIPアドレスのプロバイダーからの書き込みが一時的に停止され、同じIPアドレスを使用している人たちは『2ちゃんねる』に書き込みできなくなる。

今回、エンターブレインの社内から書き込みされた内容を悪質と判断した『2ちゃんねる』は、IPアドレスの公開に踏み切ったというわけだ。この「岡野マジくたばれ! 今すぐしね!」という書き込みの内容だが、ゲームメーカー・セガに実在するゲーム開発スタッフ、ゾルゲ市蔵さんを名指ししたものと判断でき、ゲーム雑誌を発行する会社からの「死ね!」というショッキングな書き込みに、『2ちゃんねる』でも話題になっている。

この書き込みは2009年6月8日18時5分に、『2ちゃんねる』の家庭用レトロゲームに関する『セガガガ』というスレッド(掲示板)にされたもので、その書き込み内容は以下の通り。

210 :せがた七四郎:2009/06/08(月) 18:05:09 ID:Irn6Yv3w
岡野マジくたばれ!今すぐしね!

この書き込みのIPアドレスは「218.45.223.65」で、調べてみると「enterbrain.ne.jp」からの書き込みであることかわかる(誹謗中傷が書かれたスレッドはこちら)。このことに対して取材班はエンターブレイン広報室に取材をし、お話をうかがった。

ただいま事実確認中でして、もしこれが事実であれば適切な対処をする予定でございます」(エンターブレイン広報室)

当初は取材班が取材連絡をするまでこの事実を把握していなかったようだが、のちに事実を調査しているとコメントをいただけた。ゲームも開発しているゲーム雑誌の企業が、他のゲーム企業のスタッフに対して名指しで誹謗中傷のコメントをしたのが事実であれば、ゲームファンにとってもゲーム業界にとっても悲しいことである。

しかし、エンターブレインに関係のない人物がIPアドレスを偽装してアクセスした可能性も否めない。誹謗中傷は許せないことだが、“ゲーム雑誌の会社からの書き込み” という事実が何かの間違いであることを願うばかりだ。もしこれが事実であれば、「大丈夫? ファミ通からの書き込みだよ!」と、自社の売り文句を皮肉って言われても仕方がない(このニュースの詳細記事はこちら)。

■こんなゲームに関する最新ニュースもあります
『ヤフオク』で無料PS3をゲットする人たちが急増
Xbox360版『FF13』のディスク枚数「バカみたいに大量にはしない」
いちばん素晴らしい『ファイナルファンタジー』はどれ? 合計9000人アンケート
北朝鮮が舞台のガンシューティングゲーム発表! 金日成総書記が失踪
人気オンラインRPGで『新生R.O.H.A.N』のウラワザを発見!

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき