ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
  • 俳優・中村倫也インタビュー「女子の周りから固める恋愛作成は逆効果な気がします(笑)」
  • 北野武からの出演オファーに「役者やってて良かった」 『アウトレイジ 最終章』池内博之インタビュー
  • 『レディ・プレイヤー1』キャストインタビューで判明!「実際にこの映画をテーマにしたゲームが発売予定だよ」
  • 柄本佑が前田敦子を絶賛「“僕のあっちゃん、私のあっちゃん”にしたくなる魅力がある」
  • コムアイ(水曜日のカンパネラ)インタビュー「お風呂に入った猫がシュッと細くなってしまうところが情けなくて愛しい」
  • 『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』でカイロ・レンはどうなっちゃうの? アダム・ドライヴァーを直撃!
  • 大泉洋『探偵はBARにいる』シリーズへの愛を語る「“好きなんだけど映画館には行かない”だと続かない」
  • 戸次重幸が「理解出来ないほどの悪い役」に挑む実話をベースにした物語『神と人との間』
  • 『マイティ・ソー バトルロイヤル』女戦士・ヴァルキリーを熱演! 声優・沢城みゆき「ロキ様ファンの方お友達になってください!」
  • 『スーサイド・スクワッド』のダイバーシティを担う二人に直撃 「人間関係を構築するのに必要なこと教えよう」
  • 仲良し全開のフラッシュ&サイボーグを直撃! 自分がバットマンだったらスカウトしたいキャラは?
  • 『ブレードランナー 2049』“ジョイ”と“ラヴ”にインタビュー「SF映画は女子が観ちゃだめ? そんなわけないわ!」
  • 注目俳優・太賀インタビュー「誰しもが漠然とした不安を抱える10代だった」 映画『ポンチョに夜明けの風はらませて』
  • 『パシフィック・リム:アップライジング』監督&ジョン・ボイエガに「ぼくのかんがえたさいきょうのかいじゅう」を見てもらった!
  • 『ミッション:インポッシブル/フォール・アウト』サイモン・ペッグインタビュー「ベンジーがイーサンに唯一勝てる場所」とは?
  • 不潔で下劣な男に挑んだ阿部サダヲ「珍しく自分の写真を撮ったほど、別人になりきれた」

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

人気オンラインRPGで『新生R.O.H.A.N』のウラワザを発見!

当記者は小学二年生のころ、「タダでお菓子あげるから荷物運ぶの手伝って」と駄菓子屋のバア様に言われ、1時間もジュースのケースを運ぶ労働をしたことがある。いつ終わるとも言われず、ようやく終わったころには小学生の体力の限界を超えており、手の感覚がなかったのを覚えている。そしてもらったお菓子が、20円の『フィリックスガム』ひとつ……。それ以来、駄菓子屋の前を通ると意味もなく「ぐあぁぁぁぁぁぁぁぁー!」と叫んでバア様を困らせた思い出がある。あのバア様、何してるかなぁ。

……なので、無料でもらえる物があるとトラウマが蘇るのだが、オンラインRPGの『新生R.O.H.A.N』は無料は無料でもパッケージソフトとして購入しても損はない価値のあるゲームだと感じている。編集部ですでに『新生R.O.H.A.N』をプレイしていた記者Aにどんなゲームか聞いたところ「じっくり冒険を楽しめるタイプのRPG」とのことで、正直、量産型のゲームに飽き飽きしていた当記者としてはピッタリのゲームだと思い、さっそくダウンロードしてみることに。やりたいと思ったときにダウンロードできるのが嬉しいところだ(ガジェット通信編集部のプレイ日記はこちら)。ガジェット通信編集部では、数人が仕事の合間や仕事中や会議中に『新生R.O.H.A.N』をプレイしているのだが、なんと! ウラワザを発見! 

キタコレ! ということで、今回は『新生R.O.H.A.N』のウラワザを大公開! そのウラワザとは以下の通り。みんなには内緒だよ。

まず、エトンの街まで行ってみよう。エトンがどこかわからない人はお母さんに聞こう。そして、エトンの地図上での右上部に行く。すると、崖になっていて一見登れないように見えるのだが、実は登れるのである! これはすごいッ! 人生すべてのラッキーを使い果たしたようだッ!

このウラワザはまだ続く。どこまでも登れるところまで登っていき、登りきったら左に行くと、なんと、街を一望できる見渡しのいい場所に行けちゃうのだ! 自分だけの場所という優越感に浸れる場所で、当記者は1時間もここで寛いでしまった。ちなみにゲームを始めて1か月が経つというのにキャラクターのレベルは7であり、成長とは無縁のあまりに無駄な時間を過ごしている。それもまた、日常が楽しい『新生R.O.H.A.N』といえるのかもしれない(いいシメ方だ!)。
 
ゲーム名: 『新生R.O.H.A.N』
メーカー: 株式会社 YNK JAPAN
価格: 利用料無料 / ソフト料無料
公式サイト: 新生R.O.H.A.N 公式サイト
※ソフトのダウンロードも公式サイトから可能だそうです

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。