体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【セブに分割留学!】3学期-6(最終回) 卒業!記者の英語力はどうなった?先生に英語でインタビュー

01-2016-11-26-03-35-37_r

語学留学といえば聞こえはいいが敷居は高い。
そこで、記者が3週間の滞在を、3回繰り返すいわば『分割留学』をしながら、時系列で語学留学の実際をレポートする『セブに分割留学!』。

最終回の18回目は、中学校の英語すら怪しかった記者が、3週間の留学を3回した結果どうなったのか、その模様をお伝えする。

2016-11-22-13-44-52_r

実は卒業直前の週に、QQEnglishから日本人のためにセミナー開講を打診された。
それは、記者が滞在して多くの日本人留学生に話を聞いて感じたことを学校側にフィードバックする過程で出てきた話だ。
2日間のセミナーでは、日本人留学生の多くが英語は話せるのに知的な話題がない、他国の留学生は自国のことについて多くのことを話し主張するのに、あまりにも日本人は日本のことについて知らなすぎるということに気がついた結果で日本人向けにオピニオンの持ち方という主要テーマで話した。
今の時代、新聞は見なくても、テレビは見なくてもスマホという情報ツールがあり、新聞記事も多くがスマホで読むことができる。世界中どこにいてもリアルアイムなので通信環境さえあれば距離は関係ない。
しかし、検索機能と仕分けされたカテゴリーおかげで、多くの日本人は自分に興味のあるニュースしか読んでいないことが多い。しかし、もっと根本的なところで、外国人に日本のことを話そうと思ったときにオピニオンがないのだ。

2016-11-24-17-53-43_r

日本語でオピニオンがないものは、どうやっても英語にはできない。当たり前の話だった。
しかし、日本人でさえも「日本人はシャイで文法の誤りを恐れてなかなか話せない」と思っている。それはそれで正しい。しかし、日本にいる日本人ならいざしらず、すでにフィリピンまで留学に来ている人がシャイだ何だかんだと言うのはおかしいと考えた。留学という経験をするために、勉強をするために日本を飛び出している行動力のある人達である。オピニオンがないというのも原因の一つだろうと思ったのだ。
放課後の夜間セミナーで直前の告知だったので、参加者そのものは少なかったが、それだけ中身の濃い話をすることができた。その受講生たちと意気投合してお酒を飲みに行き、議論したことは記者にとってもいい勉強になった。こういう出会も留学のいいところだろう。

では、最終日の授業の模様をダイジェストでお伝えする。

■留学最終日授業の様子~
https://youtu.be/OPn79C9BuTo

最初の頃と違って、先生の英語を聞き終わる前についていっているだけでも大した成長だと記者自身は思っている。自己弁護するつもりはないが、この思い込みは案外重要で、「なんだ、英語結構話せるじゃん?」的な勝手な思い込みは恥ずかしさや恐怖から完全に逃れることができる良い手段でもある。大したことは言っていないにも関わらず、そんな気がするだけで何かを伝えようと日本語抜きで英語の主語と動詞が口をついて出てしまっているのだから、後は続けるしかない。そんな考え方に変わってしまっている自分がいたのが不思議だった。

2016-11-25-18-46-57_r

卒業セレモニーは毎週金曜日の放課後に行われる。
記者に英語を教えてくれたRich先生も駆けつけてくれた。

2016-11-25-21-32-59_r

これが卒業証書。期間は分割したので最後の3週間分になっているが、前のものも請求すればもらえる。

2016-11-25-21-33-19_r

こちらはプログレスレポートという、記者の英語能力の進捗状況を学校が証明したレポートだ。入学当初はビギナーというカテゴリーだったのが、ハイビギナーというカテゴリーにランクアップしていた。
なかなか手厳しいことも書いてあるが、それも含めていい思い出であり、今後の励みとなるだろう。

2016-11-26-00-42-21_r

卒業の日の夜、先生二人と居酒屋で食事をした。
取材目的でインタビューをするために学校側の強力を得て行ったものだが、日本式の居酒屋なので先生たちは箸の使い方に戸惑う。

2016-11-26-00-42-29_r

それでも一生懸命箸の使い方を覚えようとするが、10分程度で使えるようになるとは思えずギブアップ。フォークとスプーンを「追加注文」した。

1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。