体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【セブに分割留学!】3学期-4 留学生の女子会に潜入取材!持ち物についてのまとめ

01-2016-09-15-19-26-31_r

語学留学といえば聞こえはいいが敷居は高い。
そこで、記者が3週間の滞在を、3回繰り返すいわば『分割留学』をしながら、時系列で語学留学の実際をレポートする『セブに分割留学!』。

今回からは分割留学終了間近なので、留学とセブのまとめに入ることにする。
第15回目は留学者または長期旅行者に便利な情報をお伝えする。
題して「持ち物検査」。持っていったほうが良いものと、持っていかなくても良いものを他の留学生へのインタビューや調査をもとに、まとめてみた。

まずは、留学している女子4名に話を聞いてみた。動画そのものは9月に女子会をしているところに取材を申し込んで収録したものだが、女子トークの中で留学に関する話が出てきているので参考にしていただきたい。
写真左から田中友梨さん、太洞みゆきさん、EnglishネームでかっこよくLitaさん、川島菜奈弥さん。4週間から半年の留学で、目的は仕事のためだったり、ワーキングホリデーに行く準備だったりとさまざま。
たまたまかも知れないが出身地も関東から関西、中国地方(記者を含めると九州)まで、意外とまんべんなくそろった感じだ。
渡航費用をのぞいて留学費用は4週間20万円くらいから半年125万円までさまざまだ。
女子会では留学を考えている人に参考になる英語について語ってもらった。

■留学生女子会
https://youtu.be/Im5q07ERqJM

Litaさんは時間の都合で動画収録時は欠席だったが、コツとして「続けるのが大事、楽しいと続けられる、言語はコミニュケーションツールだ!と認識すること」というアドバイスをしてくれた。

では、旅行や留学での持ち物についてまとめてみた。

必ず必要なもの

02-2016-10-02-06-55-19_r

言うまでもないが旅券は絶対に必要。これがないと日本を出ることはできない。
ちなみに開港(国際空港や外国航路が発着する港等の外国に開かれた場所の総称)で出国の確認を受けたらそこは外国扱いなので、どこかの国に入国するまではどの国の関税法も適用されない。関税が免税なのをDUTY FREEという。空港の免税店が出国後にあるのはこのためで、購入後は飛行機の乗るだけなので必ず輸出されるということが担保される。日本の場合は関税だけではなく消費税も免税となる。
最近市中でもよく見かける外国人向けの免税店はTAX FREEで、こちらは関税が免税なのではなく消費税のみが免税。原則として日本人は利用できないが、規定に沿って非居住者と証明できれば消費税免税で購入が可能。ただし、30日以内に輸出する必要があり、当該商品を国内で消費した場合(特別な包装がなされ開封すると消費したとみなされる)には出国時に課税される。
日本語ではDUTYもTAXもどちらも免除されると免税という単語しかないので免税店だけでは区別はできないが、このような違いがあることを覚えておくと良いだろう。

03-2016-09-03-20-13-10_r

次に必要なのはお金。昔のように米ドルで持っていく必要はないので日本円のままで構わない。トラベラーズチェックも現在ではあまり流通していないので、日本の銀行に大金は預けておいてデビットカードで買い物をするか現金を引き出すかを選択すれば良い。
フィリピンの紙幣は1000,500,200,100,50,20ペソの6種類。新旧紙幣が入り乱れているが流通に問題はない。
硬貨は10,5,1ペソと、25,10,5,1セントの7種類。セント硬貨はあまり見かけることはない。細かい会計をするお店以外は切り捨てたり切り上げたりしてアバウト。
VAT(付加価値税・消費税のようなもの)は12パーセントで税込みの場合もあれば税別の場合もある。物品はたいていが税込みだが一部のレストランでは税別な場合がある。
VATはきっちり取られていて管理も厳しいようなので、たいていのお店では異様にレシートが長いし細かい。レシートごとにVATが管理されているような気がした。

1 2 3 4 5次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。