ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

セイコー、Bluetoothでスマートフォンと通信する登山愛好家向けのソーラー充電デジタルウォッチの新モデルを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セイコーウオッチは 8 月 10 日、Bluetooth で Android スマートフォンと通信する登山用ソーラーデジタルウオッチ「セイコー プロスペックス アルピニスト」の新型(SBEK シリーズ) 4 機種を発表しました。発売日は 2016 年 9 月 23 日です。今回発表されたアルピニスト新型は、6 月に発売された「SBEL」シリーズからワールドタイム機能などを削り、サイズも一回り小さくしてデザインが一新されたたマイナーチェンジモデルです。SBEL シリーズと同じく Bluetooth Smart でスマートフォンと通信する機能を搭載しており、専用アプリをインストールしたスマートフォンで作成した登山計画を腕時計に転送して、腕時計上に登山計画の進捗状況を表示することのほか、実際に登山したときのデータ(昇降距離や時間、登高スピードなど)を記録し、スマートフォンで閲覧できるようになります。またソーラー充電や 10 気圧防水、気圧高度計機能や方位表示機能、日の出・日の入り機能、ストップウォッチ機能なども継承されています。本体はプラスチック製で、リストバンドはシリコン製です。SBEK シリーズには更に、4 機種中 2 機種が「アルプスの少女ハイジ」とコラボした限定モデルとなります。限定モデルのカラバリはハイジをイメージしたレッドカラー(SBEK005)とヤギの “ユキちゃん” をイメージしたホワイトカラー(SBEK007)の 2 色です。限定モデルではアルムの山小屋が 12 時部分に印字されていたり、ユキちゃんの首についた鈴をイメージした金色のボタンが採用されています。また裏蓋やバックライトも特別仕様となっています。このほか 8 月 21 日の “ハイジの日” の毎正時には、特別な日をお祝いする “HEIDI ANNIVERSARY DAY 812” の文字とイラストによるスペシャルメッセージが液晶画面に流れる仕様となっています。レギュラーモデルの 2 機種はボディがブラックで共通していて、ベゼルがブラック(SBEK001)かレッド(SBEK003)で分かれています。価格は限定モデルの「SBEK005 / SBEK007」が 40,000 円 + 税、レギュラーモデルの「SBEK001 / SBEK003」が 37,000 円 + 税です。限定モデルはそれぞれ 1,000 個限定となります。Source : セイコー

■関連記事
CROY.LLC、アルミバンパーケース「DECASE」にXperia X Performance用とHTC 10 HTV32用を追加
U-NEXTと日本通信がSIM事業で提携、一般消費者向けMVNOを共同で展開
オウルテック、ケーブル類をまとめられるマグネットクリップバンド「OWL-MGCLIP01」を8月下旬より発売

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP