体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

焼肉は爆発だ! 史上最強の焼肉屋をまとめてみた @『焼肉はせ川』小田急相模原

hase4-tuke1_R

神奈川県相模原市にある相模総合補給廠が爆発炎上、その時記者は!

「普通に寝た」

筆者の住まう淵野辺駅周辺にも爆発音は響いていました。最初は落雷した音かと思ったのですが、稲妻のフラッシュもなく、その後の連続した爆発音のような音に

「コレはヤバいんじゃないのか?」

と思ったのですが、平和な日本で”爆発音”とか有り得ないと思い、そのまま寝た次第で御座います。

そして寝る直前まで書いていたのは、相模原が誇る史上最強の焼肉屋さん『焼肉はせ川』の記事でした。

と、言う訳で相模総合補給廠の火事は鎮火しましたが、まだまだ『焼肉はせ川』は熱く燃えております。

どこら辺が熱いのかをサクっとまとめてみたので、どうぞ御覧下さい。

『焼肉はせ川』は完全予約制である!

hase6-menu_R

一番大事な事なので最初に説明しておきますが『焼肉はせ川』は完全予約制なので、必ず電話予約してから訪れて下さい。

「席が空いていれば入れるだろう」

そんな甘い考えは100%通用しません。筆者は予約無しで『焼肉はせ川』に訪れ、追い返される他県ナンバーの車を沢山見て来ました。

そして『焼肉はせ川』は超絶人気店なので、まず土日祝日の予約は99.9%無理なので諦めて下さい。筆者すら一度も予約出来た試しがありません……。

さらに完全予約制であるにも関わらず「予約したいのに電話が繋がらない」のも日常茶飯事です。夫婦二人で営業しているので、忙しい時間は電話に出られないので御了承下さい。

と、言う訳で完全予約制であるにも関わらず、非常に予約を取るのが難しく、初心者には敷居が高い『焼肉はせ川』ですが、何故そこまで人気があるのか?

その理由は以下のメニューを見て貴方が判断して下さい。

『上 牛タン』(980円)

hase6-tan_R

「焼肉は牛タンに始まり牛タンに終わる」

と言われるほど重要なメニューですが、この『焼肉はせ川』の牛タンはいつも写真レベルの綺麗なサシの入った牛タンが味わえます。

しかも、比較的セレブな価格の『上 牛タン』も『焼肉はせ川』ならこの値段で食べられるのです。

ちなみに最初に言っておきますが、これらの料理の写真は“全てが一人前である”事を覚えておいて下さい。

普通の焼肉屋感覚で「とりあえず二人前づつで!」とか頼むと地獄を見ます。

あと『焼肉はせ川』は“スライサー”など使わず、牛タンも分厚く手切りですので、そこんとこヨロシクDEATH!

『ポテトサラダ』(100円)

basa-6_R

筆者のマストアイテム『ポテトサラダ』で御座います。『焼肉はせ川』のサラダはボリュームがヤヴァイので、比較的ライトなコチラのサラダが筆者にはベストです。

写真だと大きさが分かりにくいのですが、小皿ではなく茶碗のような皿に盛ってあり、そのボリュームは“100円”とは思えません。

味もバッチリで、しかも2種類くらいの『ポテトサラダ』が盛られてくるので、そのコストパフォーマンスは絶大です。

『100円焼肉』(100円)

hase-3_R

そしてコストパフォーマンスに優れる『焼肉はせ川』には、なんと“100円”で肉が食べられます(消費税別)

hase-9_R

しかも100円とは思えないボリュームがあるので、肉を沢山食べたい人は“100円シリーズ”を織り交ぜると良いでしょう。

『フルーツトマトサラダ』(500円)

hase6-toma_R

そろそろ『焼肉はせ川』の恐ろしさがジワジワ来るはずです。この圧倒的な『フルーツトマトサラダ』と言うか、サラダの盛り合わせが500円で御座います。

なので、この『焼肉はせ川』でサラダが食べたい時は4人以上で来て下さい。

hase-7_R

こちらの『本日のおすすめサラダ』(500円)も大人2人を軽くヌッころすボリュームですので「サラダ=危険」と覚えておいて下さい。

『ブラジリアンソーセージ』(150円)

hase-12_R
1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。