体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

漫画座談会「裾野をひろげないと漫画というジャンルが死んでしまう」『コミPo!』田中圭一×喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム

漫画家座談会 『コミPo!』田中圭一×喜多野土竜×一色登希彦×スチームトム

絵を描かなくても漫画を作ることができるソフトとして昨年末(2010年12月)発売され注目を集めた『コミPo!』というソフトウェア。作曲に使う「シーケンサー」というソフトにその役割が似ているところから「コミックシーケンサー」とも呼ばれるこのソフトだが、音楽のシーケンサーが音楽制作の現場に溶けこんでしまったように、漫画制作の現場でも『コミPo!』のようなソフトウェアがなくてはならないものになってしまうということが将来的にあるのだろうか。『コミPo!』プロデューサーの田中圭一氏を迎え、今ネットで注目を集める漫画関係者が集まり、メール座談会形式で熱く語り合った。『コミPo!』の話をきっかけにしながらやりとりは深まり、漫画界の将来にとって必要なものについても話し合われた。

●参加者
田中圭一:漫画家。絵を描かなくてもポッと漫画が作れちゃうソフト『コミPo!』の生みの親。
喜多野土竜:元編集者・漫画原作者。
一色登希彦:漫画家。「日本沈没」「モーティヴ」「ダービージョッキー」等。この3月より佐藤秀峰との合作「ボクマン」連載開始。
スチームトム:新人漫画家。社会人生活を続けていたが、2010年に突如仕事を辞め独立。ゼロから漫画家の道をスタートしたばかり。この座談会の進行役。
【漫画座談会について】漫画に関係するゲストを迎えながらTwitterやメールなどを活用して座談会を不定期におこなってます。前回の漫画座談会はこちらからどうぞ。
※企画:深水英一郎(ガジェット通信)

●『コミPO!』はプロでも使えるのか

夢のツール?

スチームトム:私は『コミPO!』を発売前のベータ版から使わさせていただきました。実際にとても使いやすくて絵を描かずに漫画を描くことにかけては非常に便利ですよね。年があけて、ますます盛り上がりを見せています。1月には『コミPo!パーフェクトガイド』なる本も出て、2月3日にはVer1.20の体験版のダウンロードができるようになりましたね。

その中で、『コミPO!』のいろいろな使い方が発見(?)されてきていますが、田中さん自身は、『コミPO!』を“原作者”が“漫画家や絵師”に伝えるツールとしてや、編集者が漫画家の“ネーム”や“構図”を確認するためのツールとして使う事も視野に入れておられますか?

というのも『コミPO!』をさらに改良してプロ仕様の『コミPo!』みたいなものができたら、漫画制作の現場を助けられるのではないかなと感じたりします。

一色:その質問は自分も同じく田中さんにお尋ねしたいことです。すでに以前にも伺っていることではあるのですが。「どのような人を想定してお作りになったのか、また今後どのような人が使う事を想定なさっているのか。

田中:将来的にはプロ用に特化した『コミPo!』 はあってもいいと思います。ただ、現状ではライトユーザーへの普及が重要だと思っています。もっと多くの人に『コミPo!』を知ってもらい、手軽な漫画表現を味わって欲しいですね。

喜多野:なるほど、田中さんとしては現状ではライトユーザーの為のツールであると。レタリングの技術や知識がない人間が『Illustrator』でロゴのデザインをしたり、描く技術がなくても『Photoshop』で素材を使ってイラストにするのと同じような。

ここでちょっと、一般の漫画投稿者との認識にずれがあるのではないかと。

1 2 3 4 5 6 7 8 9次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会