ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

記者会見オープン化って何? “自由報道協会”主催の小沢一郎会見に参加して思ったこと

記者会見オープン化って何? “自由報道協会”の小沢一郎会見に参加して思ったこと

「小沢一郎の記者会見に行ってみない?」ふかみん発行人から電話を受けたのは、会見当日の午後。「僕は今日、行けないんで行ってきてください」と言うので、とりあえず行ってみることにしました。今回の会見は、ジャーナリストの上杉隆氏が代表を務める、日本自由報道記者クラブ協会(略称:自由報道協会)が開催するものだとのこと。

記者クラブが情報を独占する現状に異を唱え、記者会見をだれでも参加できるようにオープン化しようとしている人たちがいるということは、ふかみん発行人のインタビュー記事などで知ってはいるものの、筆者は“記者会見オープン化”の意味や意義について、特に考えたことはありませんでした。記者会見オープン化に特に思い入れのない筆者が見た小沢一郎衆議院議員の会見とは……。

開始10分前で人もまばらなニコニコ本社

記者会見の会場は直前まで知らされておらず、主催の自由報道協会がコンタクトできる人間だけに連絡があった模様。「あれ?これって既にオープンじゃなくてクローズだよね……」と不思議に思いながら、16時開場となる会場へ向かいました。場所は意外なことに、原宿のニコニコ本社。開場10分前に到着しましたが、まだ人はまばら。開場時間にようやく、参加する記者たちが行列を作り始めました。

「われわれが連絡した方以外は入場できませーん」と、主催者が呼びかけています。なんらかの方法で場所を聞きつけたメディアも足を運んでいるようです。最終的には希望者は全員入れることになりましたが、この時点では違和感を感じた筆者。事前に連絡しているので受け付けを済ませ、会場に入りました。受け付けも、名刺だけでなく身分証明書の提示を求めるという厳重なもの。何かマズい場所に足を踏み入れてしまったかのような不安が襲います。

開始を待つ記者たち

最前列の席を確保。ひとつイスを置いた隣には、大川興行の大川豊総裁の姿が。週刊プレイボーイの記者証で入場したようです。参加者は政治ジャーナリスト同士、面識があるようで、開始まで和やかに談笑しています。記者クラブには参加していない人たちのようですが、彼らは彼らで何か別の“村”を作っているようで、何やら居心地の悪さを感じながら開始を待ちました。

会見の開始に先立ち、この日司会を務める上杉氏が会見の趣旨を説明。今回は“第0回”という位置づけになるそうで、今後はだれもが参加できる会見の場を作っていくとのこと。自由報道協会は記者会見を代行主催する非営利団体で、“メディア”にはならないなど、設立趣旨を説明していきました。「くだらない記者クラブ論争はやめて、一緒のスタートラインに立ちましょう」とも。記者クラブとケンカするために別の会見を開くのではなく、だれにでも門戸を開いていく考えのようです。

この間、入場できなくて外で待たされていた記者たちは個人として参加すること、名刺と身分証明書のほかに署名することが条件で入場を認められたようです。その前に帰っちゃった人もいるのでは……。

会場に到着した小沢氏

衆議院本会議に出席後、会見に臨む小沢氏は、開始予定の17時を大幅に過ぎて登場。会場がざわめき、緊張感が走ります。大物政治家のオーラを漂わせつつも、にこやかに入場する小沢氏。

上杉氏の司会で会見は進行

テーブルに着席し、上杉氏の進行で会見がスタートします。通常、記者会見は「○○について発表します」「○○について説明します」など、会見の趣旨が説明されるのですが、今回は小沢氏が何を話したいかではなく、「記者クラブ主催ではなく、オープンな場(を目指す)となる自由報道協会の会見で質問に答えます」ということがテーマのようです。上杉氏からいくつか質問した後、挙手した記者を上杉氏が指名し、順番に質問していく形式で会見は進行しました。

質問に答える小沢氏 時には笑顔も

細かい質疑応答の内容はニコニコニュースなどで報じられているので省きますが、『Wikileaks』の報道内容に関する質問や民主党の党運営について、新自由主義への考え、記者クラブに対しての意見、イラク戦争を検証する必要性について、デフレへの対応についてなど、質問内容は記者によってバラバラ。筆者は何をテーマに質問してよいのか分からず、結局質問できませんでした。だれでも自由に質問できるのはよいことですが、何か会見のテーマを絞った方がよいのでは、と感じます。

大川総裁は北朝鮮情勢について質問

ニコニコニュースからは、会見の『ニコニコ生放送』を見ていたユーザーからの質問がピックアップされましたが、内容は「小沢氏が政治理念として掲げる議会制民主主義の定着とは?」という無難なもの。放送を見ていないので分かりませんが、もっと多くの視聴者が知りたいと思う質問もあったのでは。この日、最もキャッチーな質問をしたと感じたのが、大川総裁。北朝鮮に砲撃を受けた韓国・延坪(ヨンピョン)島を訪問していたという同氏は、「海軍の次は空軍が動くのではないかと言われている。北朝鮮にどう対応すればよいのか」と質問し、小沢氏から「中国の了承なくして北朝鮮が戦争を始めることはない。結局現状維持だろう」という回答を引き出していました。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき