ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

「記者クラブのつくった不当な制限と戦い続ける」畠山理仁さんインタビュー最終回

畠山理仁さん

『公の記者会見オープン化』という難題に立ち向かうフリーライター畠山理仁さんに”公の情報共有”についてきくインタビューシリーズ。今回は第7回目、最終回です。これまでのインタビューはこちらからご覧ください

登場人物:
畠山=畠山理仁(はたけやまみちよし)。記者会見オープン化を求める活動で注目されるフリーライター。
深水=深水英一郎(ふかみえいいちろう)、ガジェット通信。

●なんで記者クラブは公共のスペースを専有してるんだろう?

――深水:以前、総務省会見に行ったんですけど、フリーの人って会見場の小さいイスに座って会見が始まるのを待ってますよね。かたや記者クラブに所属している媒体の人達は、広々とした控え室があり、机や椅子を使えるそうじゃないですか。控え室は「クラブ員以外立ち入り禁止」ということになってますが、よく考えるとそれってどういうことなんだろうと。公共の場なんだから、会見に参加したい人達が共有すべきスペースなんじゃないかなと、素朴な疑問がわいたりしたんです。あれって控室の方に行って「使わせて」って座ったり、作業したりできるようになればいいなと思いませんか?

畠山:なったら便利だと思いますけどね。でも、いつもいるわけではないし、ふだんの仕事もちゃんとした机でやっているわけではないので。僕はどこでもいいやっていう感じなので。まあ、使いたいって言う人がいたら使わせるべきだし、共有の誰でも使えるところはあるべきだと思いますよ。当然、省庁の中なんだからそういうスペースがなきゃおかしいし、総務省みたいに「クラブ員以外立ち入り禁止」って書いてあるのはめちゃくちゃおかしいと思います。ただ、僕自身が使うかって言われたらたぶん使わないと思います。そこにべったりいて仕事するっていうよりは、フラフラ遊んでいる方が好きなので。それは好みの問題だと思うんですけども、記者室にクラブ員以外入れないっていうのは絶対おかしい。ただ、クラブの人がそこに誰かいるっていうのは、それはそれで意味があることだと思うんです。

――深水:どういう意味があるんでしょう? 広報室が「こういうことやるんですよ」って言いたいときに人がいたほうがいいとか?

畠山:彼らは省庁の中を自由にうろうろできるじゃないですか。そういう人がいるのは重要じゃないですかね。警察みたいに誰もうろうろできなかったら、中で何をやっているかわからないじゃないですか。そういう人が堂々と入れる場として記者室があるんだったら、小さいかもしれないけど抑止力というか監視の目が、そこに存在しうる。取りこんじゃえばいいって言い方もできますけど、まずはそこに入れるっていうことは重要だと思います。それは歴史があって獲得してきたものですし。ただ、それをクラブの人に限定するっていうのは絶対におかしいと思いますね。

●記者クラブのひとたちは、僕たちの代表なんだろうか?

――深水:いるのが、「僕達の、みんなの代表の誰か」という意識が共有できる人だったらいいんですけど、今のクラブの人は代表だとは思えないんですよね。

畠山:あ、ぜんぜん代表じゃないと思いますよ。だからやっぱり、入りたいという人がいたらすんなり入れる、っていう形になるのが一番だと思います。

――深水: ところが、今はそういうふうになっていない。そこをどう変えていくかというのが課題ですよね

畠山:記者クラブは入りたいと思った人が『入れろー!』って声を挙げないと絶対に動かない。誰かが言わないと考えることすらしない。なので、言い続ける必要があります。言い続けてもなかなか前に進みませんが、言い続けるしかないんです。『なんで入れないんだ』って僕が電話とかで言うと、『そういうのは前例がないんで』とか『クラブ総会ではかりますので、しばらくお待ちください』と言って逃げる。クラブ総会が終わると幹事社が変わっていて、『それは何の話ですか』って、また最初から説明をしなくてはならない。ずっとたらいまわしなんです。これはひとつの逃げ方だと思います。記者クラブ側にとっての。でもそういう逃げ方は、相手が一人なら有効ですが、複数でしつこくやっていく必要がある。例えば何人もが嫌がらせのようにというか、しつこく電話をしていくと、クラブとしても、やっぱりさすがにこれはちょっと考えなきゃいけないんじゃないか、っていうふうになるんですよね。

――深水:うーん。記者クラブを変えるのがほんとに早道なんですか? たとえば別のクラブを作って『こっちも認めてください』という方法は?

畠山:省庁によっては、クラブが二つあるところもあります。例えば環境省、海上保安庁。新聞テレビ系と専門系のクラブなど、いくつか種類があるんですけれど。

――深水:誰でも入れるようにするための組織を作って、今いる古い記者クラブがあってもいいけれど、こっちにも権限をくださいと省庁に訴えかけるという方法はアリなんでしょうか。

畠山:良いんじゃないですか。求めるのは自由というか、意味はあると思います。けれど、組織というか、人数を集めてそれをやるのって実際問題、大変かなっていうのがありますよね。団体で意見まとめたり……。

●公共の情報を独占している人達をうちやぶる方法

――深水:『会見開放を求める会』というのがありましたよね、USTREAMで発起人の方々がさまざまな意見を述べておられるのを拝見しましたけれど。

畠山:僕も名前が入っている(笑)

――深水: ああいう形で組織を作るのはインパクトがあると思うんですが。実際情勢は変わったんでしょうか。

畠山:マスコミ各社にアンケートを出したんです。回答率が20%ほど。まあ、返ってくるだけ良いんですけれど。

――深水: こういうのが、正面突破みたいな戦略ということなんでしょうか。

畠山:その会が、どういう方向で今後やっていくのかっていうことをあまり知らなくて、まずは記者クラブの現状がどうなっているのかっていうことを知るために、アンケート調査を送ったところで、今は止まっているかな。建前上は、クラブの側もオープンにしましょうという見解を出していたり、記者室もクラブ員だけに限定すべきではないっていうことを日本新聞協会編集委員会の見解として出しているんですけれど、実際は全然そうなっていないんですよ。総論賛成、各論反対みたいな感じで。実際に記者室に行って『僕の机ここにください』って言ったら、『え、駄目だよ、クラブの人じゃないんだから』っていうのが、現実。そこをどうやって突破していくかっていったら、活動家が滑り込んで、仲間をどんどんそこに引き入れていくとか……。

1 2次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき