ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧

児童虐待を減らす為に

俺の邪悪なメモ

今回は罪山罰太郎さんのブログ『俺の邪悪なメモ』からご寄稿いただきました。

児童虐待を減らす為に
大阪で起きたネグレクト事件について、ちきりん(はてなid:Chikirin)が書いたこのエントリ。

誰が何をネグレクト? – 『Chikirinの日記』
http://d.hatena.ne.jp/Chikirin/20100801

罪山としてはこの意見は大い支持したいと思います。
で、俺(おれ)自身、子育ての当事者ということもあるし、ちょっと児童虐待の話などを。

1. 混ぜるな危険! 個人(ミクロ)と社会(マクロ)
児童虐待に限らず、犯罪が起きて、「悪いのは社会だ!」的な意見をいうと、必ず出てくるのが「いや、犯人が悪いに決まってるだろ!」という反論。今回のケースでいえば「母親が悪いんだから、社会のせいにしちゃいかん!」みたいなやつですね。

確かにそれはもっともで、俺(おれ)自身、ネグレクトした母親は悪いと思うし、彼女は裁かれるべきだと思います。個別のケースで考えれば、どんな犯罪も、犯人が悪いに決まっています。しかしそういった個人の問題とは別に、社会の中に犯罪を誘発してしまう状況があるなら、それは指摘されなければならないでしょう。こういった個人(ミクロ)の責任と社会(マクロ)の責任は、分けて考えなければなりません。

心理学の言葉で“対応バイアス”というのがあります。これは「人間には、他人の行動の理由を推測するとき状況などの外部の要因を軽視し、性格や能力といった内部の要因を重視する認知の偏りがある」というものです。

個人の責任と社会の責任を同列に語ってしまうと、この対応バイアスにより、個人の責任がより重く取られ、社会の責任が後景に追いやられてしまいがちです。しかしそれでは社会の問題が温存されるので、同じようなことが繰り返されてしまうのです。また、別に社会の責任を指摘したからといって、犯罪者個人が免罪されるワケではありません。

2. 虐待を誘発するもの
で、先のちきりんのエントリでは「頼るもののないシングルマザーが、経済的にも追い詰められて虐待を引き起こしてしまう」といった感じの主張がなされています。

俺(おれ)が知る限り、多くの統計データがこの主張を裏付けています。たとえば以下のリンクは東京都福祉局がまとめた「児童虐待の実態」という報告ですが

児童虐待の実態 ― 東京の児童相談所の事例に見る ― 『東京都福祉局』
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/syoushi/hakusho/0/index.htm

虐待家庭の状況で最も多いのは“経済的困難”。また“ひとり親世帯”でも虐待の発生率が有意に高くなっています。ついでにいえば、シングルマザー世帯の年収は平均で214万円。日本では“ひとり親”と“経済的困難”はセットになりやすく、国際比較でも、ひとり親世帯の貧困率が主要先進国の中でトップだったりするのです。

ちきりんのエントリでは生活保護が挙げられてましたが、福祉によってこういった虐待を誘発しそうな問題を抱えた家庭に手当をするのは、“子どもを守る”という点でも正しいことだと思います。

3. バカを甘やかすとつけあがる?
こうした福祉の議論で必ず出てくるのは、「虐待をするようなバカ親を甘やかすべきじゃない!」みたいな反論です。特に今回の事件のように、母親がホストクラブに通っていた事実があったりすると、とてもリアリティを感じてしまう意見です。

しかし、ここでも“対応バイアス”が働いてる可能性に注意しなければなりません。俺(おれ)たちは他人がバカな行動を取ったとき、その原因を性格や個性といった資質に求めてしまいがちです。しかし、社会心理学の様々な実験・研究によれば、人間の行動は性格や個性といった個人的な資質よりも、外的要因によって大きく左右されることが示されています。人の行動は状況を変えることで、コントロールすることが可能なのです。また、強いストレス下では極端な行動に出る人の比率が増えることも分かっています。

このことから、福祉によってストレスの軽減ができれば、子どもを殺してしまうような極端な行動に出る親を減らすことができると推測できます(後述しますが、ここでいう福祉の役割は単に金を渡すことだけじゃありません)。

ちなみに生活保護の不正受給というのは極めて少数でほとんど誤差の範囲です。生活保護については、別の大問題があり本当に必要な人たちに行き渡ってないことは以前書きました。

生活保護の本当の問題 – 『俺の邪悪なメモ』
http://d.hatena.ne.jp/tsumiyama/20091014/p1

4. 出会い系のシングルマザーたち
ツイッターでもつぶやきましたが、この件に興味のある人にぜひ読んでもらいたい本があります。
鈴木大介著『出会い系のシングルマザーたち ― 欲望と貧困のはざまで』です。

『出会い系のシングルマザーたち ― 欲望と貧困のはざまで』 鈴木大介 著 / 朝日新聞出版
http://publications.asahi.com/ecs/detail/?item_id=11362

余談ですが、著者は『ハチワンダイバー』の監修をやってるプロ棋士の鈴木大介八段とは別人です(笑)。

本書は、出会い系サイトで売春をするシングルマザーたちを追ったノンフィクション。児童虐待の本ではありませんが、困窮したシングルマザーたちが追い詰められていく様子が非常にリアルに描かれています。

本書の中に「他人に頼りたくない」といって、生活保護を受けずに売春をしている母親が登場し、俺(おれ)は軽い衝撃を受けました。よく生活保護を“甘え”だとする意見がありますが、彼女自身そう考え、甘えずに売春という違法行為に手を染めているのです。これは彼女自身の(愚かな)選択ですが、その背景には「シングルマザーでも福祉の助けなど借りず子育てすべき!」という世間の声があります。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
スマホゲーム タラコたたき