そもそも夫婦別姓が好かれないわけ

access_time create folder生活・趣味
みつどん曇天日記

今回はみつどんさんのブログ『みつどん曇天日記』からご寄稿いただきました。

そもそも夫婦別姓が好かれないわけ
インスピレーションばいコチラ様
選択的でも夫婦別姓が好かれないわけ – 『おこじょの日記』 
http://d.hatena.ne.jp/o-kojo2/20100724#p1

ちょっと違った角度から、この問題に言及しようと思います。

選択的夫婦別姓の導入を目指す動きに対し一部批判が根強いみたいです。中には「家庭が崩壊する」だの「何で姓が違うの? ママ偽者じゃねっ? って子供に言う」だのトンデモな印象操作まで出てくる始末。お前ら、現実に別姓な夫婦がすでに存在してること、知ってるのか?

この件に関するはてな周りの反応を見てみると、つまるところ「選択肢が増えるだけなのに、一体何がそんなに気にくわないの?」に落ち着くように思います。要するに、制度上強制されていたことが選択制になったところで何一つ毀損(きそん)されないのに、どうして改悪という評価になるのか理解できない、ということですね。

最初にリンクしたエントリーでも、改正によって起こり得る軋轢(あつれき)について考察されていましたが。そちらの『はてなブックマークコメント』を見て、実はより根源的な理由があるのではないかと思いつきました。
********
ID:kanimaster 結婚, 法律, family: 結婚を夫婦二人だけではなく、親兄弟を含めた家族全体の問題としてとらえるかどうか。
********
選択的でも夫婦別姓が好かれないわけ – 『おこじょの日記』 への『はてなブックマークコメント』より
http://b.hatena.ne.jp/entry/d.hatena.ne.jp/o-kojo2/20100724%23p1

更に問題を広げて、イエ・一族の問題ととらえるなら。そして、夫婦二人より視点を更に下げて、個人の問題としたなら。この制度改革によって毀損(きそん)するものが、実は1点だけあることが見えてきます。

別姓によって破壊されるもの。選択制によって破壊されるもの。
選択的夫婦別姓の導入によって毀損(きそん)される唯一のもの、それは“選択の余地なく同姓とする”という強制力です。これによって“家庭が崩壊する”なんて反対意見は限りなくトンデモですが(いちいち解説しませんが、ダイジョウブですよね?)、「家庭」から「庭」を取り除くと、実はあり得る話になるんじゃないか。

そもそも、なんで同姓にする必要があるかと言えば、それは“イエに入ってきたヨソ者を同化する”必要があるからにほかありません。ここで前提となっているのは、同じ姓同士の共同体、早い話がイエ制度です。だからこそ、「婿養子制度があるから問題ない」みたいな反応が出てくるわけで、要するに違う姓が家庭を築くと言う発想そのものがない。家庭=イエなんですね。だから、反対派が反対しているのはまず別姓そのものです。で、それを踏まえた上で、選択制にも反対している。

選択制が一体何を毀損(きそん)するかというと、それは上記したように“選択の余地なく”という強制力です。今回の件では“選択の余地なく”継承されていくイエ、と言う前提は、選択されうる時点で崩壊してしまう。

更に踏み込んで言うと、選択制であることは“個人よりイエ・一族の決定に重みがある”という価値観を根本から揺さぶりかねない(この辺、国民新党絡みで主語を大きくしたい“例えば国家とか民族とか”誘惑に駆られますが、まあ自重しておきます)。反対派が個人主義やフェミニズムに対してどのような意見を持っているか、聞いてみても面白いかもしれません(なんで“婿養子”があって“嫁養子”がないの? とか。この件は単純に男女差別“とその解消と抵抗”のレイヤーな問題でもありますしね)。

選択制が“個人の意思に優越する伝統”を否定しかねない以上、反対派は選択制にも反対せざるを得ない。

反対派がこの制度改革で恐れていることは、ザッとこんな感じではないでしょうか。

選択的夫婦別姓に関して、私が一番信頼をおいているサイトをご紹介。

『たんぽぽのなみだ~本館』
http://taraxacum.hp.infoseek.co.jp/teardrops/mainbuild.html

粘り強く書かれた、まず最初に目を通すべきサイト。疑問等があったら、ぜひご覧ください。

執筆: この記事はみつどんさんのブログ『みつどん曇天日記』からご寄稿いただきました。

文責: ガジェット通信

■最近の注目記事
究極のゲームとは
日本は今までずっと政治主導の民主主義国家だった
日テレのバンキシャ!が『ラブプラス+』について捏造報道の疑い
『朝まで生テレビ』は“ディベート”ではありません
楽しそうに生きている人の考え方と苦しそうに生きている人の考え方

access_time create folder生活・趣味

寄稿

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧