【東京モーターショー2009】ヒトとクルマをつなぐ“魔法のカギ”『LOOP』

access_time create folderガジェ通 デジタル・IT
tms4_1

10月21日から千葉・幕張で開幕した自動車の見本市『東京モーターショー2009』。本田技研工業(ホンダ)は、電気自動車や電動コミューター(1人から少人数が移動手段に利用する乗り物)、歩行者が“カギ”となるガジェットを通じて連動するコンセプト展示『HELLO!(Honda Electric mobility Loop)』を出展しています。ホンダが描く“未来の交通システム”とは、どのようなものなのでしょうか?

tms4_2

『HELLO!』ゾーンには、小型の電気自動車『EV-N』を中心に、一輪パーソナルモビリティ『U3-X』、電動カート『EV-MONPAL』、電動バイク『EV-Cub』がグルリと並べられています。この輪の中に歩行者がいて、歩行者とこれら電動コミューターが相互にコミュニケーションできる“カギ”となるのが『LOOP』と呼ばれるガジェットです。

『LOOP』は、液晶画面とスイッチから構成する、ヒョウタン型のガジェット。ちょっと『U3-X』にも似ています。基本的にはカギとして利用し、これを持ってコミューターに近づくと起動、離れると終了させることができます。

さらに『LOOP』を歩行者として持ち歩いていると、自分が所有するもの以外の電動コミューターとコミュニケーションが実現するのです。たとえば、歩行者用の信号が横断歩道があるとします。「ここを渡りたい」と思っている歩行者が『LOOP』から「渡ります」と発信すると、車道を走っている電動コミューターが「渡ります」の合図を受信。

tms4_3a tms4_3b tms4_3c

『EV-N』の場合、インストルメントパネルに「渡ります」の合図が表示されます。ドライバーは停車して歩行者を渡らせるとき、スイッチを押して「どうぞ」の合図を発信すると同時に、フロントグリルに光の合図を表示して「どうぞ」の意思表示ができます。歩行者は『LOOP』に光と振動で合図を受信し、『EV-N』のフロントグリル表示を確認して、横断歩道を渡れる、という利用を想定しているそうです。

tms4_4

『EV-Cub』の場合、同様に歩行者の合図を受信することができ、停止して「どうぞ」のスイッチを押すとフロントパネルのランプが点灯。歩行者に「どうぞ」の意思表示ができます。

tms4_5

『EV-MONPAL』は道路交通法上、歩行者として扱われるモビリティ。歩行者と同じく、歩道から横断歩道で渡る側になります。ボタンを押して「渡ります」の合図を『EV-N』や『EV-Cub』に送信し、「どうぞ」の合図を表示することができます。

tms4_6

『U3-X』と『LOOP』の関係はもっと楽しそう。リモコン代わりに『LOOP』で『U3-X』を操作したり、ボタンで呼ぶと『UX-3』が自律走行して、オーナーのいる場所まで来る、といった利用シーンを想定しているそうです。

さらに、『EV-N』のドアの内側には『U3-X』を収納するスペースが作られており、外出先での利用も考えられているようです。かつての乗用車『シティ』とミニバイク『モトコンポ』のような関係のコミューター同士が、『LOOP』を介して密接にコミュニケーションできたら素敵ですね。今後のホンダの提案に注目です。

■関連記事
【東京モーターショー2009】ヒトとクルマをつなぐ“魔法のカギ”『LOOP』(写真付き)
【東京モーターショー2009】『グランツーリスモ』ブースはコンセプトカー試乗にプレゼントの大サービス!
【東京モーターショー2009】注目の『U3-X』が間近で見られる!でも乗れないよ!

access_time create folderガジェ通 デジタル・IT

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧