【東京モーターショー2009】注目の『U3-X』が間近で見られる!でも乗れないよ!

access_time create folderガジェ通 生活・趣味
tms2_1

10月21日の報道関係招待日から千葉・幕張で開幕した自動車の見本市『東京モーターショー2009』。一般公開は10月24日(土)から11月4日(水)です。今回のモーターショー注目の製品は、本田技研工業(ホンダ)が出展する一輪のパーソナルモビリティ『U3-X』。早速かぶりつきで見てきました。

tms2_2

『U3-X』は、一輪車でありながら全方位に移動でき、倒れそうになったら自動でバランスを回復するパーソナルモビリティ。「昔話題になった『セグウェイ』よりも乗りやすいしスゴい!」と評判です。

ホンダブースで1コーナー設けられた『U3-X』。初めて間近に見たのですが、本当にコンパクトなサイズ。小脇に抱えて持ち運べる、楽器のような印象を持ちました。ネックのないギター、といえばサイズ感が分かるでしょうか。

tms2_3

「並んだら乗れたりするかも?」とひそかに期待していたのですが、やはり乗ることも触ることもできませんでした。ブースのステージでは時折、説明員の方が乗って見せてくれます。体を傾けても倒れないなど、その技術のスゴさは見ることができて満足ですが……。「それでも一目見たい!」という方は是非ブースへ行ってみてください。

■関連記事
【東京モーターショー2009】プレスキットもガジェットになる時代
えっ? サングラス型!? Bluetooth対応 骨伝導ヘッドセット
『ターミネーター』がPCにかみついた!『T-600 USBメモリ』

access_time create folderガジェ通 生活・趣味

shnsk

宮原俊介(編集主幹) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。2010年3月~2019年11月まで2代目編集長を務める。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

人魚Days
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧