体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談(5):最終回】2011年のテレビを大予測–テレビ離れは“進まない”

MIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、SPIDERの仕掛け人)が、テレビの新しい楽しみ方を語る対談シリーズは、いよいよ最終回を迎えます。24時間、全テレビ局を録画する“全録”の環境で見えてきた現在のテレビの課題。地上アナログテレビジョン放送が終了する2011年、テレビはどうなっているのでしょうか。大胆かつ辛口に予測します。(バックナンバー:第1回 / 第2回 / 第3回 / 第4回)。

聞き手:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

■テレビは「情報弱者」のメディアになる
2011年になったらテレビはどうなると思いますか?テレビ離れが進みそうに思いますが。

竹中SPIDER』や『24時間ワンセグ野郎』のような“全録”の環境は急に普及することはないと思います。急に200万台とか300万台とか出るものではないので。

なので、テレビ離れが進むと思います。結果、さらにテレビの体力が弱り、テレビの制作能力も弱り、よりインターネット側に番組制作の力がシフトしてくる。と同時に、やはり地上デジタル放送に嫌々シフトしたユーザーが、弱ったテレビを「まあいいか」と観続けることで情報格差が今より広がる。

地上デジタル放送を観る方が「情報弱者」であると。

竹中 そうです。
放送局が余裕がなくなると思うので、偏向報道してるとか、作り方が偏るとか、そういうことが広がるかもしれないんですよ。

それをずっと観なければいけない人、情報を取りにいけない人というのは、インターネットを使って自分で情報を探す人との差が広がるでしょうね。今でも起こってるんですけどね、それがより進む。

MIRO テレビ業界からお金がなくなっていくでしょうね。でも、テレビ局には頭のいい人がいっぱいいるので、そのまま座して死を待つことにはならないかなあと。

何かしら『YouTube』やらなにやら出てきて、テレビ局も色々もがきながら実験してますよね。でもやっぱり今テレビが弱いところは、自分たちが作った番組の権利を守ろうとしすぎて、テレビの側に座りながらインターネットにちょっかいを出している状態であること。結局、インターネットからそっぽ向かれて失敗して、というのを繰り返してるので。

2011年までその状態だったらヤバいと思うんですけど、頭のいい人たちがたくさんいるので、これじゃマズいと踏み込んでくることがあるんじゃないかと。
そうなると、コンテンツの制作力はなんだかんだ言ってテレビがズバ抜けてるので、インターネットも巻き込んで面白いことになってくれるといいな、と。願望込みですけどね。

竹中 単なるビデオクリップは、どんな面白い顔の人が写っててもビデオクリップであって。番組として成立させるためには、タイトルがつき、MCがいて、現場にはカメラさんがいて、制作の人がいて–といろんな人がかかわって、初めて1時間観られるようなものができてきた。それが今のテレビの財産なので、テレビでないところまで広がっていくのは楽しみではありますよね。

■メディアの境界線が“溶ける”
竹中 ネット動画がいくら進化しても、平面に色とりどりの動画が現れ音が出てきて、それに人が時間をとられるスタイルが根本的に変わることって簡単には起こらないと思うんですよ。

3Dで再生できる機器が爆発的に安く普及して、だれでも街中で観られるみたいな状況になれば変わると思いますが、それはほとんどSFの世界じゃないですか。「映像が、ある時間を費やすのに一番情報量の多いものである」ということであれば、テレビだろうがインターネットだろうが、一番力を持っているのはテレビの制作チームですよね。映画はまた別の力があると思うんですけど。そういうメディアの境界線が“溶けて”くる。

MIRO 前からお金集めのお題目で言われた「放送と通信の融合」とか「インターネットとテレビの融合」とかお題目の上っ面じゃなくて、本当に制作側が踏み込んで境界線が溶けてくると、何かまた新しい面白いことが起こりそうだなと。いつか踏み越えなきゃいけない一線があって、2011年ごろまでにはだれかが崩しにかかってくるんじゃないかなと。

竹中 何度も出しますけど『世界ふしぎ発見』」という番組が、CMを見ているときに視聴者に電話をかけさせて、クイズに答えさせたりしているんです。このようにリアルタイムで見ていないと成り立たない構成にしているのは、頭のよさの表れだと思うんですよ。気づいているわけですよ。昔ながらの価値観とか慣習に基づいた番組の作り方で、最大限に視聴者に縛りをつけるとすると、こういうやり方になりますよね。

そうでない前提で、24時間いつ観られるか分からない環境になったときに、ふしぎ発見の制作チームが番組やスポンサーの日立を好きになってくれる仕掛けを考えたら、絶対面白いことを考えると思うんですよ。そこに早くシフトしてほしい。

■テレビ離れは“進まない”
竹中 ちょっと意見を変えてみていいですか。今後、テレビ離れは“進まない”です。なんだかんだいって、みんなでかいテレビを買いたいんです(笑)。どんな老人でもね、言葉は悪いですけど貧乏人でも、テレビを買うんですよ、2011年でも。

だから、テレビという形の情報に依存している人たちは、どんどんテレビに吸いつけられると思います。とすると、テレビはもしかしたら、そういう弱い人たちのメディアになるかもしれない。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。