ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談(3)】“全録”環境がテレビを面白くする

MIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、SPIDERの仕掛け人)が、テレビの新しい楽しみ方を語る対談シリーズ、第3回。24時間、全テレビ局のテレビ番組を録画する“全録”環境を手に入れた2人にとって、テレビはどう見えるのでしょうか。話は徐々に過激な方向へ……(バックナンバー: 第1回 / 第2回)。

聞き手:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)


 
 
■テレビは面白い!
竹中
 多チャンネル同時録画できるハードディスクレコーダー『SPIDER』自体ができてみて、僕はやっと10年前から考えていた、常時接続と同じように24時間いつでもテレビ番組が観返せるという環境を手に入れられてですね。たぶんMIROさんと同じなんですけども、やっぱりテレビを全然観なかったんですけど、テレビ観るようになるわけですよ。

MIRO  へへへ(笑)。

竹中  テレビ面白いんですよ。

MIRO  面白いですよ。

竹中  テレビの意図みたいなものがすごくよく分かる。あからさまなものは誰でもよく分かると思うんですけど。たとえば深夜にアニメが増えてきたり、急に全部なくなったりっていうようなことって……

・編成上のいろんな都合とか工夫
・アニメ産業の隆盛
・ユーザーがどう思っているか
・パッケージビジネスがどういうふうに景気がよくなってるか悪くなってるか

……というようなことが、1クールごとにすごくちゃんと現われるんですよね。そういうことが読める。

興味が個別のコンテンツであればそれも観られるわけでしょ。しかも録ってあるわけだから、早見とか、CM飛ばしとか、テレビ局の方が嫌がりそうなことがいくらでもできるんですが、むしろそれができたほうがテレビが身近になる。CMに興味がいったときに、集中した興味を持つことができるようになるんですよね。

最近の例でいうと、任天堂の『ニンテンドーDSi』とかを欲しいって思ったときに、『Wii』を持っていると結構長いCMが勝手にオンラインで来るんですけれども、やっぱり最初のとっかかりはテレビのCMで。カメラがついたじゃないですか。撮った写真をウィーンって伸ばせるのが「これは面白い!」って、ちょこっとした2フレームくらいで目に入ったので、やっぱり巻き戻して観るわけですよね。「なんかDSiって言っても、DSはいっぱい持ってるからもういいやー」って思ってたのに「なんか面白いかも」って思うきっかけになってるわけですよね。

MIRO  なんか面白そうだなって思ったときに、それがいろんなニュース番組でどういう風に放送されているのかっていうことが観rられたりしますよね。

竹中  やります。ほんとにそういう風に全部観られると分かるんですけど、夜のニュースで、被害者の年齢とか容疑者の年齢とか、しょっちゅう違うんですよ。50歳ってなってたり、59歳ってなっていたり。それって取材の現場で間違って伝わったことが、そのまま放送局で原稿になって放送されているわけですけれども。普通はニュースって横並びでやってるから観れないわけですよね。数字だったらね、年齢くらいならまだいいですけれども、もっと重要なことも間違ってるかもしれなくて、その間違いに気づくこともできないかもしれないという、テレビの恐ろしい部分が分かります。全録しているっていう状況で自分が好きに選べる、自由を得られるっていうことは本当にいいことだと僕は思うんですね。新聞だって比べ読みできますからね。

MIRO  あとはその、新聞の比べ読みに近いですけど、各局ごとの報道のスタンスが違っていて。

竹中  そういうこと言っていいんだったらいくらでも言うよ(笑)。

MIRO  本当に重要なニュースにおいても、各局ごとに報道の姿勢が全然違ったりするので、そういうのを見比べるのってすごい大事ですよね。

竹中  今だってねえ(収録は10月30日)、麻生さんは解散のことなんか言ってないし「言ってない、言ってない」ってずっと言ってるのに、解散のことばっかり報道してたじゃないですか。2~3日前から急に「解散しません。公明党と会談しました」みたいなことを急に言い始めたんですよね。あれは何らかの意図があるんですよね。普通のテレビの見方だと「あ、そうなんだ」で終わってしまうんですよね。でも、全録してると異様に思えるわけです。急に風向きが変わった、一斉にそうなった、ということがよく分かりますよね。テレビの偏りみたいなものが非常によく分かったり、ね。

MIRO  テレビを観る質的な転換っていう話がありましたけれども、見比べることができるということ、テレビの報道、テレビ局の姿勢を俯瞰して見ることができることが一つの大きな特色である、と。あともう一つはそこに至るまでのステップが短いというか。

■テレビを観る“費用対効果”が上がる
MIRO
 要するに普通の人がテレビの特定の番組を観ようと思ったら、放送よりも前の時間に、番組の情報を収集しておかなくちゃいけないですよね。その時間に合わせてテレビの前に座ったり、録画の時間を合わせたりしなくちゃいけない。意識しなくても複数のプロセスを踏むんですよね。全録しておくと「こういうの面白かったよ」って人から聞いたらその場で観られる。プロセスの短縮という効果が実はすごく大きくて。テレビをすごく身近にするんですよね。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy