体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談(2)】SPIDERが変えるテレビ視聴 – PTPの野心

「新しいテレビの楽しみ方を探る」をテーマにお送りしているMIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、PTPの仕掛け人)の対談シリーズ。第2回は、竹中直純が『SPIDER』開発の背景と、その魅力を語ります。

聞き手:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

(第1回はこちら

■テレビ全録で”質的変化”を
それでは、竹中さんがPTPで、多チャンネル同時録画できるハードディスクレコーダー『SPIDER』プロジェクトに携わった経緯をお聞きしたいのですが。

竹中 はい。まず、現在のインターネットの常時接続の便利さは、常時接続が一般的になる前はフツウの人に全然理解されなくてですね、何を言ってるんだって言われた時代があったんですよ。

それと同じようにですね、テレビ番組を全部録っておくことによってこそテレビの解放につながるというか、質的変化につながるという確信があってですね。

PTPのなかでも、いろんなかかわる人がいて、その人たちが希望するものの総体としてのSPIDERというのが今プロダクトとして出ていますけれども、僕のなかでは絶対に24時間録っておかなくてはいけない確信だけはあったんですよ。もうだいぶ前のことです。

10年以上前からそういうものを作りたいなと思っていて。たまたま、PTPの代表の有吉(昌康)さんという人が、「TiVo」が出始めたときにアメリカで見てきてですね、「なんかスゴイものがある」と。テレビ番組を後でみんなでわぁわぁ話題にして話すということはずっとやられてきたことだから、TiVoみたいなデバイスがあれば、それをインターネット上に持ってくることが絶対にできる。

PTPっていうのは「Power To the People」を略した名前(社名)です。今は社名変更して、略称だったPTPが正式名称になりました。消費者として、視聴者として番組を観てる人が後からでも観れるようにすると、番組の批評ということが客観的にできて、ひいては番組の制作なんかにもいい影響を与えられるかもしれないというのが、PTPの有吉さんが考えたことで。

僕は別に、「消費者に力を」とかそんなことは考えずに、便利というか質的な変化が僕にどういう影響をもたらすのか、すごくやってみたくてですね。僕はハードウェアは作れないので、チャンスを待ってたんですね。

もともとPTPっていうのは、テレビ番組にかかわる批評ができればいいなと思っていたんですが、最初は批評が集まりやすい携帯電話とか、映画とか化粧品のレビューをひたすら集めるサイトを作ったんですよ。2000年当時は、24時間とにかく録って観るみたいなことは技術的にまだ。ハードディスクも小さいし、CPUのパワーも足りないのでできなかったんです。というわけで、レビューサイトを始めたんですけれども、レビューサイトじゃまぁ立ち行かないわけですよ。『価格.com』みたいなでかいところがでてきて、うまいことやって(笑)。最初は価格.comよりPTPの方が勝ってたんですけど、いろんな問題がありPTPは競争に敗れ気味だったわけですよ。

競争に敗れると、広告は取らないっていうポリシーだったので、どうやってビジネスをやっていくのか難しくなってきて。「サービスを整理するかもね、どうする?」っていう暗いミーティングでですね、僕が「有吉さんが最初に会社を作るときに目指していたテレビ番組のレビューっていうのをやるにはどうすればいいだろうか、もう一度始めから考え直してみませんか」と言ったんです。

■ハードウェアを作ってみよう
竹中 それが4~5年前なんですけど、その当時やっとハードウェア的にもハードディスクが250GB、CPUが『Pentium 4』(インテル)とか。1GHz超えるCPUや1GBを超えるメモリーが見えてきたし、もうできるだろうということで、「やってみよう。ハードウェアを作ってみよう」ということになり、PTPのこういうプロダクトに結びついているんです。ただ、それを始めたのが、1年後にアテネオリンピックがあるっていうタイミングだった気がする。2003年の頃ですね。結局、一般消費者に出せるようになったのは2008年の春ですから、実に4年遅れたわけですよ。

MIRO 大変ですね。

竹中 ソフトウェア自体は、雑誌で見つけて飛び込みでスカウトした籠屋(健。こもりや)さんという方が非常に優秀でですね、わりと早い段階で今のSPIDERのインタフェースに到達できていたんですけれども。ハードウェアはやっぱりコンシューマープロダクトって壊れないように作らないと、サポートが大変じゃないですか。電源が安定しているかどうかとか、ハードディスクに変な振動がいかないようにとか、熱をどう排出するかとか何年かかけて調節して、やっとモニター販売できるようになっているというのが現状です。

SPIDERのユーザーインタフェース(UI)のことを教えてほしいんですが。

竹中 それはさっきMIROさんがおっしゃっていた「動画を持ち歩きたい」と言ったのとは対称的で、「リビングでふんぞり返ってリモコンで操作したい」というのがSPIDERの考え方です。

実際、デジタル対応するまでは旧来のテレビの画質で観るしかないし、地上デジタル(地デジ)の画質で観たければ地デジで観るしかないんですけど。それさえあきらめれば、というか画質にこだわらなければ、完全にテレビがSPIDERのモニターになります。今やってるテレビを十数秒遅れて観るのでよければ、ライブ視聴みたいなこともできますし、番組表から観るっていうのもできるんですけど。クルクル回る「Front Row」みたいなメニューデザインです。Front Rowのマネって言われると嫌なので、Front Rowより全然先にあの形になっていましたから、念のため(笑)。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。