体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談(1)】持ち歩いて楽しむテレビ動画 – MobileHackerzの飽くなき追求

2011年7月24日、地上アナログテレビジョン放送の終了により、これまで親しんできたテレビはどう変わっていくのでしょうか。ガジェット通信編集部は、新しいテレビの視聴形態を提案し、「テレビは面白い」と口をそろえる2名の論客、MIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、PTPの仕掛け人)を迎えて対談を実施。テレビの未来を占ってもらいました。第1回は、MIROによる自己紹介。MobileHackerzの活動とその背景を語ってもらいます。

聞き手:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

■『eggy』で動画を持ち歩くために
「新しいテレビの楽しみ方を探る」というテーマの対談として、『MobileHackerz』のMIROさんと竹中直純さんに来ていただきました。まずMIROさんがMobileHackerz(http://mobilehackerz.jp/)として、どのような活動をしてきたかということを、簡単にご紹介いただけますか。

MIRO 根っこのところから話はじめると、基本的に何かしていないと気が済まない人なんですよ、僕は。家から駅まで歩いているときとか、駅から目的地に歩いているときとか、電車に乗っているときも、ヒマでヒマでしょうがないんです。

ボーっとしてる時間がもったいないんですね。じゃあ何をしてるかというと本を読んだり、ゲームしたり、最近だったら携帯電話でポチポチとネットしたりとかしてるわけですけれども、そういう諸々の作業って手をふさいでしまったり、意識を占有してしまうものなんですね。それなら音楽を聴くかっていうと、僕はふだん音楽はあまり聴かない人なので。

竹中 通勤時間が短い人ですか?

MIRO 前はそこそこあったんですけど、いまは短いですね。

それでまぁ、ヒマな時間に何をするかいろいろ試したところ、動画を観るのが楽しくなって。それがMobileHackerz以前の話なんですね。映画を観るというのではなくて、録画したドラマやニュースを観るとか、ちょっとした動画をボーっと観ながら情報を頭に入れていくっていうのが、すき間時間の過ごし方としてしっくり来たので、それをいろいろと試し始めたのが2002年とかそれくらいでした。当時、投げ売りで『eggy』っていうドコモのPHS端末が。

竹中 あー! 伝説のね。

MIRO そうそう(笑)。コンパクトフラッシュ(CF)が入ってて、動画も撮れて、写真も撮れて9800円くらいで買えたんですけど。

■人気サイト『MobileHackerz』立ち上げ
MIRO それで、録画した動画をCFに入れて外で観たりとかしてたんです。それから面白くなってきちゃって、動画がらみのプログラムを作ったりしていたら、だんだんまとまった場所が必要になってきて、サイトとして独立させたのがMobileHackerzなんですね。

サイトを立ち上げたのは?

MIRO あれ、何年だったっけなぁ。記録を見れば分かるんだけど……。

Linux界の有名人「おごちゃん」という方が趣味で人に貸しているサーバーがあるのですが、そこでしばらくいろいろやらせていただきました。で、最近さすがにそろそろドメイン取った方がいいかなと唐突に思い立って、移転し終わったあとにおごちゃんに聞いたら、トラフィックの4分の3はうちだったっていう(笑)。

竹中 なるほど。

では、MobileHackerzを立ち上げられて、いろいろ作ったものを発表する場としているんですね。

MIRO そうですね。もともとそういう経緯で動画をいろいろいじりはじめたので、動画を外に持ち出して観るっていうことに、とにかくひたすら執念を燃やしているんですね。

携帯動画変換君』なんかもそうですし、今はニコンのヘッドフォン一体型ディスプレイ『UP』なんかにハマっていますけども、やっぱり最終的には両手フリーで動画が観たいというところに行き着いちゃうんですよ。UPの前にも、日記でヘッドマウントディスプレイを試したりとか、バカなことばっかりやっていましたけど。なんだかんだ言って、最終的にはすべてはそこに行き着くのかなと。

竹中 バーチャルリアリティが流行ったころって、何かやってみましたか?

MIRO いやぁ、全然なかったですね。ていうか、趣味ではバーチャルリアリティのゲームをしに行ったりはしましたけど、いわゆるヘッドマウントディスプレイが試したくて。趣味で見に行ったりはしても、自分で何か作るってことは全然しませんでしたね。

■ワンセグを24時間全局録画
それから24時間全テレビ局を録画する『24時間ワンセグ野郎』というプロジェクトが今動いてるんですよね。どういう経緯でそれは?

MIRO すべては「外で動画を観たい」ということに行き着くんですよね。外で動画を観るってことをやりたくて、毎日毎日動画を変換して外に持ち出すことになると、毎日毎日繰り返す作業っていうのはちょっとでも面倒くさいとすぐやらなくなっちゃうんですよ。

できるだけそれを簡単にしよう、ということでシンプルなインターフェースの携帯動画変換君を作りまして。それでだいぶ楽になったんですけど、それでもやっぱりまだ面倒くさい。それなら、録画したものを後から選べば、そのままウェブ経由でストーリーミングで観れちゃうっていう環境の方がさらに楽だね、ということで始めたのが24時間ワンセグ野郎。

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。