体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【MobileHackerz X 竹中直純 スペシャル対談(4)】私的利用のガイドラインが争点に–“全録”環境の課題

24時間、全テレビ局を録画する“全録”でテレビが楽しくなる!MIRO(MobileHackerz)と竹中直純(未来検索ブラジル取締役、SPIDERの仕掛け人)が、テレビの新しい楽しみ方を語る対談シリーズ、第4回。“全録”の課題を議論するうちに、録画データの私的利用に話が及び、トークはさらに白熱します。(バックナンバー:第1回 / 第2回 / 第3回)。

聞き手:ガジェット通信編集部・宮原俊介(shnsk)

 

■手に入れると「なくなること」が不安に
 おふたりは24時間、テレビ局を全局録画する“全録”環境をお持ちなわけですが、全録環境の課題というのは、どういうものがありますか?

竹中  ハードディスクを24時間ホントに回し続けると、結構寿命に微妙な影響が出るんですよ。ヘッドがへたれるとか。だから『SPIDER』は「おやすみ時間」というモードを設けて少し休ませるというのを、ハードディスクメーカーの方からアドバイスを受けました。

平日の夜とか日曜の夜に、放送休止時間がある。あの間を止められるといいんですが、各局バラバラだったりするんで。理想的には壊れる部分のないシリコンディスクが普及して大容量であれば、24時間完全に動かし続けることができるんですが、コストの観点でハードディスクを選ぶしかないんで。iVDR、ああいうものを差すとどんどんチャンネルが増えるとか。そういうのをやれるといいけど、ハードウェア作るのは大変ですよ。

MIRO  『24時間ワンセグ野郎』のように自作する場合、ワンセグチューナーが手に入らない。こういうハードウェアを供給しているところがないのがまず1点(編集部注:24時間ワンセグ野郎で利用できるワンセグチューナーは、ノウハウの問題で対応製品が限定されており、入手が難しい)。

なぜないかというと、価値を認められにくいというか。それこそSPIDERみたいなハードウェアが1台30万円とか、それだけのコストを私は払う価値があると思うのですが、一般の人が払うかというと、そうではない。

それは発売当時の『コクーン』(ソニー)のときでも思ったんですけど、コクーンも当時DVDもついていないのに15万って、すごい高かったんですよ。でもあれは買ってよかったとすごく思う。たまたまレコーダーを買わなきゃっていう時期にコクーンが出たので買ったのですが、結局ハードウェアがないっていうのが一番課題で。じゃあこうやって自分で作ったときはチューナーがない。

次に、一回手に入ると手放したくない依存性の高い環境なので、それもある意味課題というか。「壊れたらどうしよう」という不安感がある。

竹中  SPIDERも、自分の家には開発機がそのままあって、ほとんど原型をとどめてないんですけど、「壊れたら本当にどうしよう」という。僕のだけCPUが違ったり、チューナーが微妙に多かったり、ビデオカードが違ったりするんですよ。

技術的な把握度はPTPに結構な時間を使って開発を一緒にしてたので、当時は全部把握できてるつもりだったんですけど、最近はほかの人も入ってきて、徐々に分からなくなってきている。サーバー側も含めて。なのでこれが壊れたら開発の人に泣きつくしかないのかなあと。そういう意味では、MIROさんが自分でいまだに作り続けているのは、すごくうらやましい。
 

■インディーズメーカーの強み
竹中  思うのは、PTPのように好きで作ってるメーカーの製品って、何か(ボタンなどを)押したときのレスポンスが早い。それが自分の視聴体験に影響する。市販のハードディスクレコーダーはコクーンも含めてもっさりしてるはずなんですよ、かなり。

いいCPUも積んでないし、メモリーもないからしょうがないんだよ、ということなんでしょうけど、やはり早くないと気持ちよくないですからね。改善しなきゃいけないんですけど。SPIDERは実現してるんで。1眼レフのカメラってレスポンスを考えてチューニングしてるけど、テレビのレコーダーってまったくそういうのがないんですよね。

MIRO  液晶テレビがようやくそうなってきて、レビューでも「サクサク」か「もっさり」というのが語られはじめています。最近はそういう話が持ち上がるようになってきてるんで。
ユーザビリティにお金を使って欲しいと思いますね。

竹中  世の中の家電メーカーはSPIDERのファームウェアをOEMすべきですよ。1台いくらとか。そういうインディーズハードウェアみたいなところで、本気で作っている人たちよりも、大きな家電メーカーで作ってる方がショボイってのがわからないんですよ。海外でもそうでしょ?

MIRO  海外は詳しくないですけど……。

竹中  海外のプロオーディオとかピュアオーディオの世界だと、「ガワをダイカストから削りだして台を作りました」「ボリュームがこんなに滑らかです」って言ってるのに、機器になってモニタにつなぐと、「これいつのファミコン?」みたいになるじゃないですか。あれは残念ですね。ワンセグ野郎とかけ離れた話になってしまいましたけど。

 24時間ワンセグ野郎は商品化できると思いますか?

MIRO  いや~、したいですけどねえ。
 

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。