ミニブーム到来!Optoma pocket projector PK101レビュー

access_time create folderガジェ通

Optoma pocket projector PK101

最近各社よりミニプロジェクターの発売が相次ぎ、話題になってます。ミニノートパソコンも大ヒットしてますし、「これはミニプロジェクターブームがやってくるのでは!?」と、ガジェ通編集部内では盛り上がっております。さっそく、オプトマ社より『pocket projector PK101』をお借りしました。

とにかく、小さくて軽い!これは持ち運びの煩わしさはまったくないですね。バッテリー駆動しますので、軽いミーティングでの使用にも良い感じ。それでは、スペックを見てみましょう。

  • 120g、W51×D105×H17mm
  • バッテリー駆動で約2時間の連続再生が可能。(省電力モード時)
  • 0.5Wのスピーカーを搭載
  • 光源にLEDを採用、10ルーメン
  • 投写距離、0.15(6型)~2.63m(66型)
  • ビデオ入力、コンポジットビデオ
  • 入力端子、2.5mmミニピンジャック

小さいけれど、画質もキレイですね。これは楽しい。ただ10ルーメンしかないため、蛍光灯下だと、小さい画面にしないとみえなくなってしまいます。また、コンポジット入力のみですので、ノートPCからの直出しはできないようです。

しかし、ここまで小型が進むとノートPCからというよりも、『iphone』や『ipod touch』のように、さらに小さいツールを繋げるという形の方が、スマートなのかもしれない。

(しゆー)

おまけ映像:未来検索ガジェット通信 編集部通信
Optomaオフィシャルサイト
Optoma pocket projector PK101

access_time create folderガジェ通

周二郎

周二郎だよ! フリーランスのカメラマン 様々な人生に出会い撮り続けています。 写真の撮影依頼承ります。 instagram: https://www.instagram.com/shu_ut/

ウェブサイト: http://unrealtribe.com

TwitterID: shu_UT

  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧