大槻ケンヂ&ユイ・ガ・ドクソン(GANG PARADE)特別対談:後編 ギャンパレ流の歌詞・楽曲コンペに驚き「今度筋少でやってみてもいい?(笑)」

access_time create folderエンタメ

大槻ケンヂが考える新しいアイドル!

――労働組合良いですね! 大槻さんはアイドルグループのプロデューサーになりたいとは思わないんですか?

大槻:いや思いますよ。僕はメイド喫茶のオーナーをやりたかったんです。

ドクソン:へえー!

大槻:今は握手屋さんっていうのを考えていて、つまり接触厨(握手会やチェキ撮影などで、アイドルに接触することを目的としているファン)のファンばっかり集める。

ドクソン:それ絶対需要ありますね。握手屋さん。

大槻:そしたら歌もダンスも特にいらないんですよ。握手だけするアイドルグループ。握手会しかしないんだよ。

ドクソン:私だけの握手っていうのを考えないと生き残れないですよね(笑)。

大槻:いろんな握手のやり方を(笑)いける! それで、お客さんをどんどん流せるでしょ? お客さんの回転率がいいんですよ。それで、かなりの集客が出たところで、「なんと、この握手アイドルが歌を歌います!」って、普通のやり方と逆にするんですよ。

ドクソン:なるほど!!

大槻:それは僕、本当に考えているんです。”握手限定アイドルグループ『接触』”みたいな名前で(笑)。

ドクソン:でもこの話が掲載されちゃったら、他の人にやられちゃいそうですね。

大槻:いや、いいです。一回エッセイで書いたことがあるんだけども、まったく誰もやらなかったから(笑)。

ドクソン:(笑)。

ドクソン:あの、筋肉少女帯で握手会もされてましたよね?

大槻:そう!したんですよ。

ドク:私あれ応募したんですけど落ちたんですよ。

大槻:えっ!本当?!あれはひどかったよ!インストアイベントとかの握手会だったら、「あ、どうもー」とかおしゃべりしながらするんだけど、あの時はメーカーさんも気合が入っちゃって、剥がしを入れちゃったのよ!剥がしの人がすごく怖い顔して見ていて(笑)。ギャンパレじゃなくて筋肉少女帯なんだから、そんな剥がせなくていいじゃんっていう。

ドクソン:でも私もすごく行きたくて。めちゃくちゃ貴重ですよね。行けた人はすごいと思いました!

大槻:握手会ってすごいよね。今、すごくアイドル業界に興味あるから、握手会も面白いなと思って。

――今出てきたアイデアもすごく面白いですものね。

大槻:僕、そういうアイデアはよく思いつくの。「こんなグループを作ったらどうだろうか?」とかっていうことは、よく思います。お客さんじゃなくて、女の子のほうが回るっていうのも面白いね。回転寿司をやればいいんだ。女の子が回転するわけだ。

ドクソン:いいですね。誰がいいとか注文もできるんですか?

大槻:あっ、いいねえ~!でもお客さんの回転率をよくするのが一番だから、ラーメン屋さんでさえ、最速でも20分ぐらいはかかるんです。でも握手だとどんどん流して剥がしの人もいるわけですよ。剥がしの人も女子にして、その人もちょっと人気出ちゃうみたいな。

ドクソン:あー!あるあるですね。スタッフさんの可愛い人が人気になるパターンですね。

大槻:今度は「剥がしの子が握手します」って言ったら、ドカーンってお客さん来ちゃうわけですよ。

ドクソン:剥がしもアイドルにしちゃうとか。剥がしアイドル!握手アイドル対剥がしアイドル。

大槻:剥がしアイドルいい!うん、対決させよう!

前のページ 1 2 3 4次のページ
access_time create folderエンタメ

藤本エリ

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちら
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

スマホゲーム タラコたたき
ガジェ通制作ライブ
→ガジェ通制作生放送一覧