体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ネット生放送界の鬼才 『暗黒放送』横山緑、復活前日インタビュー

 『暗黒放送』 横山緑

●ニコ生の鬼才、『暗黒放送』 横山緑が改めて語る

参加者4万8千人を集め、ニコニコ生放送で最大のコミュニティを誇った生放送配信者、横山緑(よこやまみどり)。彼の生放送番組『暗黒放送(あんこくほうそう)』は2010年10月、唐突に終了し、伝説となった。ニコ生最大数を誇った視聴者(緑はリスナーと呼ぶ)は、突然のことに行き場を失い、他の放送などに飲み込まれていった。そして長い長い沈黙。もう生放送に戻ってくることはないだろうと誰もが思い始めたその頃、数ヶ月のブランクを経て『暗黒放送』はまた突如復活する。このインタビューはその復活の前日におこなわれたものだ。横山緑は復活前日に一体どんなことを考え、どう動こうとしていたのか。そしてそもそも一体何故『暗黒放送』は終了し、そして何故復活したのか。

●登場人物
緑:横山緑。『暗黒放送』配信者。ニコニコ生放送最大規模の番組を突如閉鎖(コミュID: co602157)
ふかみん:ききて(ガジェット通信,コミュID: co10818)
周二郎:撮影と、ききて(ガジェット通信,コミュID: co20498)

スーツ姿で登場した緑氏

●約束の日

緑:コンコン(ノック)、失礼します!

――あ、はじめまして。あれ、どうしたんですか、そのスーツ。

緑:はじめまして。西日暮里から来ました、横山緑と申します。

――いつもの放送のときの口調ってそんなんでしたっけ……。

緑:今日就職しにやってきたんでこのスーツで来たんですけど…

――あの、すみません。

緑:なんでしょうか!

――寒いです。

緑:はあ!? いきなり寒いってなにを言ってるんですか初っ端から暗黒放送=寒い放送みたいな初見が見たら誤解されるような出だしはやめてもらえませんかね!?

――だって、シナリオ乙とか書かれますよ、また。

緑:シナリオじゃないって! ニコ生ってのは筋書きの無いドラマなんだよ! っていう名台詞をアナタは知らないんですか!?

――知らないです。いつも通りの雰囲気でお願いしますって頼んだのにー。

緑:こっちだってな、スーツがお似合いですね! と言って欲しくて無理して買ってきたんだよ。ちょっとは笑えよ!

――全然笑えないし、やりにくいですよ

緑:わかったよ、じゃぁ着替えてくるよ

――そこまではいいです、そこまではいいです

緑:小道具もちゃんと持ってきたんだぞ

緑さんの小道具

――うわ、なんか怖い

緑:俺の番組のマスコットのブタ貯金箱と赤ん坊の人形だ。

――じゃぁ、そちらに置いていただいて

緑:こんな配置でいいか?

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。