体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マンガの道具はどう進化する?絵を描けなくてもマンガが描けるソフト『コミPo!』作者の田中圭一先生を囲む座談会その2

田中圭一さん

●『コミPo!』プロデューサーの田中圭一さんを囲む座談会その2

今回の『コミPo!』座談会は、漫画家の佐藤秀峰さんが主催するUSTREAM番組「月刊漫画ライブ」の中でおこなわれました。この番組に『コミPo!』プロデューサーの田中圭一さんがゲストとして出演するというニュースをききつけ、ガジェット通信の深水が便乗させていただいた形です。関係者の皆様、ありがとうございました。収録は、田中さんが実際に『コミPo!』を操作しながら話を進める、という形でおこなわれました。この記事は座談会の後半です。

※配信先によってはすべての写真や作例をご覧いただけない場合があります。すべての写真・作例をご覧になりたい場合は、このリンクからガジェット通信サーバー上の記事をご覧ください。

●座談会参加者

田中圭一さん:漫画家であり『コミPo!』の生みの親。
鍋島雅治さん:漫画原作者さん。今回、進行役。
一色登希彦さん:漫画家さん。質問と視聴者の声ピックアップ。
佐藤秀峰さん:漫画家さん。たまに発言。
湯本亘さん:佐藤漫画事務所(さとまん)ウェブスタッフ(中継カメラ)
深水英一郎:ガジェット通信

田中さんを囲む座談会

■誰のためのソフトなの?

鍋島:この『コミPo!』というソフトウェアはどういう方に向けて開発したものなんでしょうか?

田中:いちばん使ってほしかったのは、マンガが好きで好きでしかたがないけど描けない、でも描きたいっていう人。そういう人は相当数がいるだろうなと思っていたんです。「うわ、描けちゃったよ」と言わせたかった。あとは、多少描けるけどあんまり絵が自信ないって言う人。僕なんかもそうなんですけど「萌えキャラの絵はさすがに描けないよ」と思ったときに、これで「萌えキャラが自由に操れるんだ」ってなると、”自分のギャグ”と”萌えキャラ”っていう役者とのコラボができる。

鍋島:頭の中で考えている萌えストーリーを、これで実現できちゃう。自分でそういう萌えの絵を描けなくても。

田中:このソフトをいろんな漫画家さんに使ってもらったんですけど、面白いのはその漫画家さんのセンスがすごく出る、ということ。みんな絵が一緒だから、コマの割り方とか、セリフの書き方でセンスが出ちゃう。まさにこの人のマンガだな、ってなっちゃうんですよ。

鍋島:ああ、なるほど。やっぱりコマ割りで特徴がわかるんだ。

田中:そうです。コマ割りとアングル取りとセリフ。プロトタイプだったときに、 古屋兎丸さんに来てもらっていじってもらったんですけども、その時に一生懸命古谷さんが作ったのが「あ、まさにうさ丸さんのマンガ」ってマンガになってた。他にも「作例作ってね」って何人かの漫画家さんに渡したら、やっぱりその人のセンスで出てきてこれは非常に面白いなと。道具が変わっても、漫画家さんの個性って変わらないんだなーと。

鍋島:福本伸行さんに使って欲しいなあ。萌え絵のカイジ見たいなあ。書き文字で「ざわざわ」だけ書いてあるの。

一同:(笑い)

佐藤:あれ、「ざわざわ」のフォントがあるって言ってましたよ。

鍋島:フォントあるの!!

田中:林雄二さんのデイリーポータル『やぎの目』の4コマ漫画も、あの人らしいなって。このなかに使っていた小道具の消火器があったじゃないですか。あの消火器が借金の取り立てに行くっていう。そういう意味ではいろんな人がいろんなセンスで描くんで、個性が出ないかというとそういうわけではなくて、逆に個性が際立ちますね( Webやぎの目 http://yaginome.jp/2010/11/02/post_1055.html )

鍋島:なるほどね。『コミPo!』でそういう対決できそうですよね。テーマを同じにして同じキャラクターを使ってそれぞれが描く。

唐沢なをきさんの作例 http://www.comipo.com/about/karasawa.html

1 2 3 4 5 6 7次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。