体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウーロン茶料理って本当にさっぱりするの? “豚の角煮”と“しゃぶしゃぶ”をウーロン茶で作ってみた

ウーロン茶料理

ウーロン茶というと、飲むと口の中がさっぱりして中華料理など脂っこい料理の時に合う飲み物だという印象があります。ウーロン茶が口の中の脂っこさを低減することを確認した研究発表もあるとのことです。しかし、このさっぱり感、料理に使った場合も同じ結果となるのでしょうか。おいしいけどちょっと脂っこい印象がある“豚の角煮”と、ウーロン茶で脂分がとれることが分かりやすそうな“しゃぶしゃぶ”で試してみました。

ウーロン角煮

まずは豚の角煮を作ってみます。下ゆでからウーロン茶を使って脂分を落とすとのこと、これは効果があるかもしれません。

* 材料(4人分) *
・豚バラ肉かたまり 600g
・昆布 12cm
・ネギの青い部分 1本分
・しょうが 小指の先程度
・ウーロン茶(サントリーのウーロン茶を使用) 500cc
・水 500cc
・酒2/3カップ
・砂糖 大さじ4
・しょうゆ 50cc
・練り辛子 お好みで

* 作り方 *
1.豚バラ肉のかたまりを3~4cm角に切る。

ウーロン茶料理

2.昆布を500ccの水につけ、柔らかくなったら1cm幅に切って結んでおく。
※昆布はちょっと面倒なので入れなくてもいいのかとは思いましたが、角煮と一緒に煮込んだ昆布は絶品とのこと、一手間かけてがんばってみましょう。

ウーロン茶料理

3.しょうがを包丁の腹でつぶしておく(皮の部分でも良い)。

ウーロン茶料理

4.鍋に1の豚バラ肉を入れ、ウーロン茶と昆布をもどした水を1:1の割合(豚バラ肉がひたひたにかぶるくらい)で注ぎ、長ネギ、つぶしたしょうがを入れて強火にかける。
煮立ったら弱火にしてアクを取り、蓋をして30分ゆでる(下ゆで)。

ウーロン茶料理

5.豚肉を冷水にとり、アクをきれいに洗い落としてザルにあげる。

ウーロン茶料理

6.ザルにペーパータオルを敷き、ゆで汁を流し入れてこす。ペーパーに残った脂分は捨てる。

ウーロン茶料理

7.鍋に豚肉、昆布、5でこしたゆで汁400cc、酒、砂糖、しょうゆを入れて強火にかける。
※余ったゆで汁はとっておく。足りなければ水を足す

ウーロン茶料理

8.煮立ったら弱火にし、落としぶた(アルミホイルでもOK)をして、常にグツグツ煮えてるように、火加減を調整しながら1時間30分ほど煮詰めていく。

ウーロン茶料理

9.柔らかく煮えて、煮汁が少なくなって照りが出ればでき上がり。
※柔らかくなる前に煮汁がなくなってしまったら、とっておいたゆで汁を足し、もうすこし煮ましょう。

ウーロン茶料理

10.器に盛りつけ、煮汁をかけ、練り辛子を添える。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。