体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

都の青少年健全育成条例改正案が招く表現萎縮とはどんなものか

ボーイズラブを読む!

今回はアキミさんのブログ『ボーイズラブを読む! ~萌えを求めて三千里~』からご寄稿いただきました。

都の青少年健全育成条例改正案が招く表現萎縮とはどんなものか
都の青少年健全育成条例改正案の内容についてはどこまでいっても都と反対派の主張が平行線上を走っている印象です。

大多数の都議は「表現規制ではない、ゾーニング(※)だ」と言い張っています。(※編集部・注:ゾーニング=区分すること、区分制度)
今朝方、副知事に至っては、

*****
出版倫理協会や映倫などの人が審査するのです。せいぜい月に数冊が区分棚へ移される程度。「非実在青少年」という役人言葉が消えたことにむしろ感謝していただきたい。
*****
猪瀬直樹氏のツイート
http://twitter.com/inosenaoki/status/14407732161421314/

と言い放ちました。感謝って!
一連のツイートを見てあまりの上から目線に呆然としました。

ゾーニングするだけ。
表現規制ではない。
あなたたちは好きなものを描いて発表すればいいのです。

……でも“月に数冊が区分棚へ移される”。
役人にとっては何万冊、何十万冊の中の“せいぜい月に数冊”かもしれませんが、その中に入る1冊を執筆した作家にとっては唯一の1冊なのです。

本屋さんの面積は無限ではありません。
特にBLをはじめとする女性向けのエ口作品の場合、そもそも分けるべき棚が一般の本屋さんには存在しません。

自分の店に並べる場所のない本を、本屋さんが仕入れて売ってくれるでしょうか?
たぶん、仕入れてもらえません。

本屋さんに並ばない本が、どうやって読者の手元に届くのでしょう?
大多数の読者は、その本の発売にすら気づけないでしょう。

存在を認知されない本が売れるでしょうか?
売れるわけがありません。選択肢にすら入らないのですから。

売れない本を、出版社は出版してくれるでしょうか?
してくれません、と言うかできません。そんなことしてたら会社が潰れます。

出版社が出せない本を、作家さんは描けるでしょうか?
漫画も小説も、生み出すには多大なる労力と時間がかかります。
描いたわ出版して貰えないわでは収入になりません。
収入がなくては生活が成り立ちません。
つまり、描けません。

収入の心配なく好きなものを描けるような作家さんがこの世に何人存在するでしょうか。
恐らく、99.9%以上の作家さんは、作品からの収入なしでは困るはずです。

この流れを容易に想像できるがために、声を揃えて都の条例改正案は表現規制になると反対しています。

また、都条例が原因の萎縮はすでに出版の現場で起き始めています。
BL作家の水戸泉さんは、表現規制反対集会でおっしゃいました。

*****
水戸泉氏「すでに表現の萎縮が始まっている。BLで、子供が脇役で出てきて警官を撃ち殺すシーンを「自粛してくれ」という要望が編集者から。すでに現場では混乱が起こっている。大阪ではBL雑誌が規制を受けた」
*****
谷分章優氏のツイート
http://twitter.com/himagine_no9/status/14157680354

この話は、今回対象外とされる小説でです。
直接関係がないと都が主張する小説の制作にまで影響が出ています。

また、BL漫画家の高久尚子さんも、編集者に

*****
脇から失礼します。私は先日「都条例の件がありますので、高校生はやめてください」とはっきり駄目出しされました(漫画)。レーベルによってはもう学生服が描けないですね…。
*****
高久尚子氏のツイート
http://twitter.com/shoko_takaku/status/13827585075052544

はっきりと都条例の件があるから高校生を漫画に出すのをやめてくれと言われています。

編集者はもちろん、出版社の人間です。
本を出してくれる会社の人間に、この設定は規制対象になる可能性があるから自粛してくれと言われたら、その意見を押しのけて作品を描けるでしょうか。
描いてもボツになって、その原稿制作にかかった時間が無駄になってしまいます。
もちろん、ボツになった原稿に出版社はお金を払ってくれません。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。