体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

FlashのAndroid対応に注目集まる アドビが最新技術とトピックを紹介するイベント『Adobe MAX 2010 RETWEET』開催

FlashのAndroid対応に注目集まる アドビが最新技術とトピックを紹介するイベント『Adobe MAX 2010 RETWEET』開催

アドビ システムズは、10月23日から27日にかけて米国で開催されたカンファレンス『Adobe MAX 2010』から、最新技術とトピックを日本ユーザー向けに紹介するイベント『Adobe MAX 2010 RETWEET』を11月25日に開催しました。ここではFlash Playerの開発中の新機能や、開発ツール次期版の機能などを、ユーザー事例を交えて紹介。ブラウザ上で動作するFlash Player 10.1やアプリケーション実行環境『AIR』がAndroidに対応したことにより、スマートフォンを含むさまざまなプラットフォームでFlashコンテンツを動作させるマルチスクリーン環境に関するトピックが目立ちました。

※写真が一部しか表示さえない場合は(http://getnews.jp/archives/87512 )をご覧ください

イベントのレポートをお届けする前に、FlashのAndroidへの対応状況を整理しておきます。Android OSの2.2から、『Flash Player 10.1』のアプリをインストールすることにより、ブラウザ上でPCと同様にFlashコンテンツの利用が可能になりました。アプリケーションの実行環境となる『AIR 2』は、やはりAndroid 2.2に対応し、AIR形式で書き出したファイルを、Androidアプリとしてインストールできるパッケージファイルに変換できます。開発環境となる『Flash Professional』『Flash Builder』で制作したコンテンツは、swf形式で書き出せばAndroid端末でも動作するウェブコンテンツになり、AIR形式で書き出せばAndroid端末にインストールして利用できるアプリにできるという仕組み。同じFlashコンテンツが、スクリーンサイズやユーザーインタフェースの調整により、比較的に少ない工数で複数のデバイスで動作することが、アドビのマルチスクリーン戦略の狙いとなります。

・既に実現している“マルチスクリーン”

PC、スマートフォン、タブレット、テレビとさまざまなスクリーンサイズが登場

基調講演では冒頭で、アドビ システムズの轟啓介氏とアンディ・ホール氏が、FlashやAIRのコンテンツが動作するデバイスのトレンドについて解説。2014年には全世界のインターネット利用者数でモバイル環境がデスクトップ環境を抜く見通しであること、回線速度も3G/4G/LTEを含むモバイル環境が、ケーブルやDSLによる接続速度を上回ることを挙げ、今後はモバイルへの対応が求められていくと説明。その際、バッテリーのエネルギー密度は今後飛躍的に伸びる見通しではないことから、消費電力への配慮が必要になること、スクリーンサイズはパソコンで高解像度化が進む一方、スマートフォンやタブレット、テレビなどさまざまなデバイスのスクリーンサイズへの対応が必要になることを注意点に挙げていました。

今後マルチスクリーンでコンテンツを展開していく際には、最初からコンテンツの再利用を考えることがポイントとなると解説し、事例としてサイバーエージェントの『アメーバピグ』をマルチスクリーンで動作させるデモを発表しました。

『Google TV』で動作する『アメーバピグ』

テレビで動作する事例は、ソニーの『Google TV』で実演。搭載するOSはAndroid 2.1ですが、通常は2.2から動作するAndroid向けのFlash Player 10.1を特別にカスタマイズして搭載しているとのこと。

PC用『アメーバピグ』を『GALAXY S』で表示したところ

続いて、スマートフォンで動作する例としてドコモの『GALAXY S』上で実演。PC用サイトをそのままブラウザ上のFlash Playerで表示する場合、ボタンが小さいなど利用しづらい面があることに言及しました。

『GALAXY Tab』で動作する『アメーバピグ』アプリ

このため、サイバーエージェントは『AIR』で開発したAndroidアプリ版『アメーバピグ』を開発。タブレット端末『GALAXY Tab』で動作するデモにより、タッチパネル向けにユーザーインタフェースを改善していることを紹介していました。

・スマートフォンは“革新的なインターネットデバイス”

NTTドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画 担当部長の山下哲也氏

続いてNTTドコモ スマートフォン事業推進室 アプリケーション企画 担当部長の山下哲也氏が登壇。スマートフォンが今後果たす役割について、将来像を交えながら解説しました。2年後、スマートフォンの出荷台数は全世界で4億5000万台と、PCを上回る見込みであるとのこと。進化し続ける汎用デバイスであること、24時間ネットに接続していること、加速度センサなどセンサが標準装備されていること、タッチパネルによる独自の操作性を持つこと、『GALAXY S』で39~49MFLOPSと、過去のスパコン並みの卓越した処理能力を持つことを挙げ、ドコモが考えるスマートフォンとは“革新的なインターネットデバイス”であると定義しています。

1 2 3次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。