体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【誰が得なの?】美容師と理容師が一緒に働くと事故が起きる? 不思議な規制の謎に迫る

原英史さん

散髪にまつわる規制の話、3回目です。前回は10分1000円カットつぶしの条例が各都道府県に広がっている問題についての話でした。今回は、美容師さんと理容師さんが同じお店で働けない理由について。なんとここにも規制が。


●これまでの記事(こちらから先にお読みください)
10分1000円ヘアカット店に未使用の洗髪台があるのは規制のせいだった!(1/2)
10分1000円ヘアカット店に未使用の洗髪台があるのは規制のせいだった!(2/2)

登場人物
原=原英史さん(政策工房)
ふかみん=深水英一郎(ガジェット通信)
サピオの人=雑誌SAPIOの担当編集者さん

●美容師と理容師が一緒に働けないのは規制のせいだった!

ふかみん:1000円へアカットのお店って、理容店バージョンと美容院バージョンがあるんですね。

原:理容店では美容師さんは働いちゃいけない、美容院では理容師さんは働いちゃいけないってことになっていて、1000円カットの店も一応法律上はどっちかになっているんですよ。

ふかみん:見た目では区別できないんですか。

原:見た目では分からないです。サービス内容も同じですよね、別に髪を切るだけなら。一応法律上どっちかってことにして届け出なきゃいけないんですが、それぞれで理容師と美容師が混じって働いちゃいけませんと。

ふかみん:それは面倒くさいな。管轄が違うんですか?

原:管轄は一緒ですよ。どちらも厚生労働省。

ふかみん:なんで分かれているんでしょうか。

原:もともと理容師法と美容師法というのを分けて、縄張り争いみたいなことをやっていたわけですね。

ふかみん:え、なんなんですかそれは?

原:要するに理容師さんたちと美容師さんたちの縄張り争いで、昔の話でいえば、男の人は床屋さんにいって、女の人はパーマかけたりカールしたりで美容院に行きましょうって、そういう分け方だったんですよね。

ふかみん:そうですね、女性は美容院みたいなイメージは少しあります。

原:それを引きずって縄張り争いをしていたのが、今にまでいたっていて、相互乗り入れはできません、と。組合がふたつあって、やっているわけですよ。ところが、1000円カットみたいなところになったら、理容も美容もないわけですよ。どっちがやったって同じような仕事になっているんだから、本当は一緒に仕事したほうがより効率的なんだけれども、そうなってはいません。

●理容師と美容師が一緒に働けない理由は「事故につながりかねないから」

ふかみん:混ざって働いてはいけないっていうのがよく分からないんですけれど、それは法律で決まっているんですか?

原:法律でそう書いてあるんです。理容師法では“理容師は理容所以外の場所で仕事をしちゃいけない”と書いてあって、理容所以外では美容所でもだめなんですね。美容師さんは逆。“美容所以外では働いちゃいけません”と書いてある。

ふかみん:その理由は?

原:その理由は、厚生労働省の説明によると、“事故につながりかねません”と。なんでかっていうと、たとえば美容師さんはひげそりとかはやっていないんです。練習もしていない、なれていません。そういう人が理容所――床屋さんで働いていたら、お客さんからひげそりをやってくれと頼まれて、なれないひげそりをやってお客さんに傷をつけて、事故になったりすると大変なことですっていうね。

1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。