ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

繋げ!地域活性化。“空き家”を楽しむ『かんおんじ空き家めぐりツアー』が今年も参加者募集へ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

国内では、“少子高齢化”と、それに伴い“空き家”や“空き地”がふえていることなども問題になっているが、香川県観音寺市では、そんな“空き家”を楽しんでしまおうというツアーを今年も企画している。

2014年に続き、NPO法人 スローシティプロジェクトの主催で今年も開催される『かんおんじ空き家めぐりツアー』は、「田舎暮らしに興味のある方や、空き家を使った町おこしに興味がある方々に、空き家物件の見学ツアーを通じて、“かんおんじの町”の魅力や人の温かさを体験してもらい、移住や町おこしのきっかけへつなげる」ことを目指して開催されるもの。

同ツアーでは、「観音寺市内にある空き家物件から魅力的な物件」を見学するだけでなく、地元食材を使った昼食が楽しめるほか、2014年のツアーをきっかけに移住した家族がセルフリノベーションした現場の見学も盛り込まれている。

香川県といえば、2011年には「うどん県として改名(架空の設定)」したり、2014年には特設サイト『新・時間旅行物語~恋するうどん県~』を開設するなど、その迷走ぶりと遊び心になにかと注目が集まる県。

そんなノリが県全体へ波及しているのかはわからないが、どちらかといえばネガティブなイメージを持たれることの多い“空き家”の見学をツアーにしてしまおうとは、中々面白い。

他の自治体でも同様の試みを行っているところは多く、実際にツアーから移住へつながった実績があるところもあることを考えれば、今現在、“空き家”や“空き地”問題に頭を抱えて手をこまねいているだけ、という自治体でも試してみる価値はあるだろう。

もしかしたら、これからは地方での“空き家”や“空き地”を楽しむツアーが一つのトレンドになるかもしれない。

『かんおんじ空き家めぐりツアー』は2015年3月21日(土)開催。参加費は昼食代込みで1,000円となっており、事前申込みが必要となっている。

■参照■
・NPO法人スローシティプロジェクト空き家バンク/かんおんじ空き家めぐりツアー
http://www.slowcity.jp/life/kanonjilife.htm

※この記事はガジェ通ウェブライターの「北島 要子」が執筆しました。あなたもウェブライターになって一緒に執筆しませんか?

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP