体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「これは、君の本じゃないから」と出版社の人に言われたんです 『佐藤秀峰』連続インタビュー

これは、君の本じゃないから。

漫画家、佐藤秀峰連続インタビュー、2回目です。前回はこちらです。

登場人物
秀峰=佐藤秀峰(さとうしゅうほう。漫画家。代表作『海猿』『ブラックジャックによろしく』など)
ふかみん=ききて:深水英一郎(ふかみえいいちろう。ガジェット通信の中の人)

最終巻カバーを描く佐藤秀峰

【沈んでいく船から他の船に乗り移るタイミング】

ふかみん:今、まだ多くの漫画家さんが出版社側についているのは現実的な選択だと思いますけども。秀峰さんみたいな人が先陣を切って、それがもしうまくいったら今後皆が真似する、ってことになるんじゃないですか?

秀峰:そもそも、うまくいくと思われてないんでしょうね。

ふかみん:秀峰さんが実践しているものの他に、漫画家が漫画を描き続けるためにどんなモデルがあると思いますか?

秀峰:今はほんとにハザマで、何がいいってのは言えないんですよね。

ふかみん:明確なのは、今の出版モデルが沈没しかけているということですよね。ただ、次が見えないから、次どこにいこう、何をしたらいいんだ、というところで皆迷ってる。わからないから踏み出せない。踏み出せないから、こちら側の『出版社丸』に乗っている状態なわけで。

秀峰:乗っててもなにも良い事ないんですけどね。

ふかみん:いうても、まだ原稿料も出るし、単行本を出すチャンスはあるわけですよ。そっちに乗っかっておけば。

秀峰:どうですかね。電子出版時代に向けて、出版社は今、ものすごく”あくどい”契約書をつくってるんですよ。

ふかみん:どんな内容ですか?

秀峰:電子出版に関する印税は一律15%にする、とか。出版から電子出版まですべて包括し独占的に配信できるようにする、とか。

ふかみん:紙の出版だと、印税は10%ですよね。

秀峰:印刷する必要もないし、トラックを走らせる必要もないのに、15%なんですよ。

ふかみん:秀峰さんの紙の単行本のときの印税は? 普通は10%ですよね。

秀峰:11%です。むちゃくちゃモメて、やっとそうなりました。

ふかみん:基本的に横並びなんですか。

秀峰:そう言われてて、例外はない、という話だったんですけど、少女誌掲載の漫画など売れにくいものの場合は8%など、下げる場合はあって。下がるのはあったんですけど、上がるのはなかった。

ふかみん:モメないと上がらない、と。

秀峰:そうですね。僕だけだ、という話です。11%なのは。漫画以外のジャンルならもっといい、という話もあるんですけど。例えば写真集などでは30%という設定もあったようですよ。

ふかみん:それは凄い。そんなに違うんですね。でも、漫画は一律なんですね。

秀峰:漫画はそれが不文律みたいですね。

カバーイラストを描く
1 2 3次のページ
深水英一郎(ふかみん)の記事一覧をみる
深水英一郎(ふかみん)

記者:

見たいものを見に行こう――で有名な、やわらかニュースサイト『ガジェット通信』発行人。トンチの効いた新製品が大好き。ITベンチャー「デジタルデザイン」創業参画後、メールマガジン発行システム「まぐまぐ」を個人で開発。利用者と共につくるネットメディアとかわいいキャラに興味がある。

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会