体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『幕が上がる』“ももクロ”インタビュー 「みんなが知ってる“ももいろクローバーZ”じゃないよ」

幕が上がる

ももいろクローバーZの主演映画『幕が上がる』が、2月28日(土)より公開となります。日本が誇る劇作家・平田オリザ氏の小説を原作に、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督がメガホンを務めた本作。劇中の登場人物たちがそれぞれメンバーのキャラクターにみごとマッチしているため、「実はももクロをあまり知らない……」という人にとっても入門編としてピッタリな作品と言えるでしょう。

……という大前提の下、劇中にはモノノフならではの楽しめる要素も満載! たとえば物語でお互いに微妙な距離を保っていたしおりんと杏果が心を通わせるシーンでは、舞台セットのペンキ塗りをする2人がお互いのイメージカラー(黄色・緑)を塗り合うという気の利いた演出も(本広監督なら演出のはず!)。まさに“アイドル映画”としては申し分がない作品なのです。

main

このたびガジェット通信では、主演の5人(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)にインタビューを実施。本作の見どころや撮影の様子などをたっぷりと聞いてきたゼーーット!

<ストーリー>
地区大会すら勝ったことのない弱小演劇部で部長を務める高橋さおり(百田夏菜子)。部員には、看板女優でお姫様キャラの“ユッコ”(玉井詩織)、黙っていれば可愛い“がるる”(高城れに)、1年後輩でしっかり者の“明美ちゃん”(佐々木彩夏)、そして演劇強豪校からのスーパー転校生“中西さん”(有安杏果)など個性豊かなメンバーがそろう。

「私は行きたいです。君たちと、全国に。行こうよ、全国!」――かつて“学生演劇の女王”と呼ばれた新任の吉岡先生(黒木華)のひと言で、彼女たちの運命は一転。『銀河鉄道の夜』を演じることになった富士ヶ丘高校演劇部は、吉岡先生と頼りない顧問の溝口先生(ムロツヨシ)と共に、見たことも行ったこともない、無限の可能性に挑もうとしていた。

それぞれのキャラが反映された登場人物たち

――それぞれ役柄がみなさんのキャラクターにピッタリだと思いました。脚本を読んで配役が分かったときに自分と似ているなと思う部分はありましたか?

_saori

百田夏菜子:私の役は部長で、しかも最初はリーダーに指名されることを嫌がっていたのに結局やってしまうのが一緒だなと。あとは弟がいるところかな。私は兄もいるんですけど(笑)。

_akemi

佐々木彩夏:家族構成の話(笑)? じゃあ私はみんなより年下なところかな。でもその学年の中ではリーダーシップを取るような積極性もある性格。

_yukko

玉井詩織:私の中の“ユッコ”は、髪の毛が短いイメージがあまりなくて……、でも気分がコロコロと変わるところや、やきもちやきなところは少し前の私に似ているなと感じました。

1 2 3 4次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。