ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画『幕が上がる』“ももクロ”インタビュー 「みんなが知ってる“ももいろクローバーZ”じゃないよ」

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


ももいろクローバーZの主演映画『幕が上がる』が、2月28日(土)より公開となります。日本が誇る劇作家・平田オリザ氏の小説を原作に、『踊る大捜査線』シリーズの本広克行監督がメガホンを務めた本作。劇中の登場人物たちがそれぞれメンバーのキャラクターにみごとマッチしているため、「実はももクロをあまり知らない……」という人にとっても入門編としてピッタリな作品と言えるでしょう。

……という大前提の下、劇中にはモノノフならではの楽しめる要素も満載! たとえば物語でお互いに微妙な距離を保っていたしおりんと杏果が心を通わせるシーンでは、舞台セットのペンキ塗りをする2人がお互いのイメージカラー(黄色・緑)を塗り合うという気の利いた演出も(本広監督なら演出のはず!)。まさに“アイドル映画”としては申し分がない作品なのです。


このたびガジェット通信では、主演の5人(百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、有安杏果、高城れに)にインタビューを実施。本作の見どころや撮影の様子などをたっぷりと聞いてきたゼーーット!

<ストーリー>
地区大会すら勝ったことのない弱小演劇部で部長を務める高橋さおり(百田夏菜子)。部員には、看板女優でお姫様キャラの“ユッコ”(玉井詩織)、黙っていれば可愛い“がるる”(高城れに)、1年後輩でしっかり者の“明美ちゃん”(佐々木彩夏)、そして演劇強豪校からのスーパー転校生“中西さん”(有安杏果)など個性豊かなメンバーがそろう。

「私は行きたいです。君たちと、全国に。行こうよ、全国!」――かつて“学生演劇の女王”と呼ばれた新任の吉岡先生(黒木華)のひと言で、彼女たちの運命は一転。『銀河鉄道の夜』を演じることになった富士ヶ丘高校演劇部は、吉岡先生と頼りない顧問の溝口先生(ムロツヨシ)と共に、見たことも行ったこともない、無限の可能性に挑もうとしていた。

それぞれのキャラが反映された登場人物たち

――それぞれ役柄がみなさんのキャラクターにピッタリだと思いました。脚本を読んで配役が分かったときに自分と似ているなと思う部分はありましたか?


百田夏菜子:私の役は部長で、しかも最初はリーダーに指名されることを嫌がっていたのに結局やってしまうのが一緒だなと。あとは弟がいるところかな。私は兄もいるんですけど(笑)。


佐々木彩夏:家族構成の話(笑)? じゃあ私はみんなより年下なところかな。でもその学年の中ではリーダーシップを取るような積極性もある性格。


玉井詩織:私の中の“ユッコ”は、髪の毛が短いイメージがあまりなくて……、でも気分がコロコロと変わるところや、やきもちやきなところは少し前の私に似ているなと感じました。


有安杏果:私は転校生の役なので、ももクロの中でもいちばん最後に参加したメンバーという部分が。あとは、「これだけは絶対にやり遂げる」という強い信念を持っていることです。


高城れに:私が演じた“がるる”は、落ち着きがないのと、何でも大げさでうるさい女の子で……。

佐々木彩夏:自覚してたんだ(笑)。

百田夏菜子:気付いてたんだ(笑)。

高城れに:それを象徴するように、中西さん(有安杏果)が転校してきた場面では、とにかくアドリブでいろいろと質問責めするようにと監督から指示があったんです。

有安杏果:初めの頃の中西さんはそれほど心を開かないで口数も少ない役なんですけど、あまりにしつこいので最後は役を守り切れずに笑っちゃいました。お願いだから早くカットをかけてって(笑)。

――れにさんの演技は、「これはアドリブかな?」と思う場面が多かったです(笑)。


高城れに:最初は演技に対してどこまでやっていいか分からなかったんですけど、ムロツヨシさんがクランクインしたときにアドリブを連発してたので、「こんなに自由でいいんだ」と思いました。でも、「ヤバいよ、ヤバイよ!」って言いながら廊下を走り回るシーンは、完全に出川(哲郎)さんと一緒だと後から気付きました(笑)。

――確かに(笑)。劇場では注目して欲しいですね。大変だったり、印象に残っているシーンなどはありますか?

玉井詩織:私は劇中劇のシーンですね。『銀河鉄道の夜』を演じる場面では主人公のジョバンニ役だったんですけど、静かな中でひとりで長セリフを話すことが初めてだったので。緊張したけど、すごく楽しくて良い経験になりました。


百田夏菜子:私は吉岡先生(黒木華)との最初のシーンです。黒木さんとは初日だったので、めちゃくちゃ緊張して……。演劇部の顧問に勧誘する場面なので、監督からは「もっとグイグイ行って」と何度も指導を受けたのを覚えてます。

――黒木華さんの印象は?

玉井詩織:黒木さんって普段からとても面白い方なんですけど、声を張り上げたりするタイプではないんですよ。でも、(予告編でも観られる)灰皿を投げて怒鳴り散らすシーンが迫力ありすぎてビビりました。女優さんってすごいなぁって。

百田夏菜子:うんうん。超怖かった。

佐々木彩夏:でも志賀廣太郎さんとのコミカルなシーンとかもあって、演技の幅に感動しちゃった。

女優としてのももクロ

――撮影現場では女優としてのスイッチに切り替える瞬間があったりするのでしょうか? それとも、アイドルとしてのみなさんのままを大切にしたのでしょうか?

佐々木彩夏:メンバーといるとふざけ合うことが多くて、面と向かって真面目なことを言い合うのは恥ずかしいので、そこは切り替えていたかな? でも私は歌って踊って、バラエティでも演技でも何でもできるのがアイドルだと思うので、根本はアイドルとしての私だったかなと思います。


玉井詩織:私もそれほど意識してなかったです。でも、映画のスタッフさんがももクロのクリスマスライブを観に来てくれた時に、「みんながアイドルなのが新鮮だよ」って言われて驚きました。私たちは歌って踊ることをメインに頑張ってきたから、撮影中はみんなにとって女優として映っていたんだと実感したし、うれしかったです。

――夏菜子さんの部長っぷりは、周りのみなさんから見てどうでしたか?

玉井詩織:私たちは、オリザさんのワークショップに参加して『銀河鉄道の夜』の演目を指導してもらうことから始まっていたんですが、リーダーはどちらかと言うとオリザさん側の動きを研究してて……。

佐々木彩夏:そうそう。私はオリザさんに「肩が揺れる」と何度も指摘されてたんですけど、撮影中にリーダーにも同じことを言われて、だんだんとオリザさんに見えてきました。

玉井詩織:ちびオリザだったよね(笑)。

有安杏果:私たち以外の演劇部メンバーにも同じように指導していて、「おっ、ちゃんと部長やってんじゃん!」って思いました(笑)。

高城れに:だけど、普段はボケた感じでも部員全員のことをちゃんと見ていて、最後はしっかりまとめてくれるあたりは、普段ももクロでリーダーをやっている姿とかぶって見えました。

――何だかんだ褒められましたね、部長。


百田夏菜子:普段は恥ずかしくて思っていても言えないんでしょうね。みんな私のこと好きだなぁ(笑)。

玉井詩織:いやいや、ビジネスとしてのコメントね。

佐々木彩夏:自分たちの好感度のためだよ!

――撮影を通して、今後のグループとしての活動に役立ちそうな発見はありましたか?

百田夏菜子:ケータリング! 撮影が静岡だったんですけど、その土地の美味しいごはんを現場に用意してくれるんですよ。たまにゆるキャラもいたり。

玉井詩織:あなたの地元でしょ?

佐々木彩夏:東京人ぶるなよ(笑)。

百田夏菜子:はい、地元です(笑)。でもそのシステムってすごく楽しくて、ごはんの時間を通して結束力が高まった気がします。私たちもライブで全国を回ってきたけど、美味しいものを食べる時間もなく移動していたので……。

玉井詩織:私たちだけじゃなくて、スタッフさんもみんな楽しみにしてたもんね。ちゃんとごはんの時間を取ってくれることに感動。

(一同、マネージャーをチラリ)

高城れに:ごはんを食べてからまた夜の撮影ってなると、終わりの頃にはお腹が空いてくるんですよ。でも、ちゃんと夜食も用意されていて、しかも、あったかいんだからぁ♪

百田夏菜子:「あったかいんだからぁ♪」って言いたいだけじゃん(笑)。でもでも、本当にごはんの時間は最高でした。

(一同、マネージャーをチラリ)

――地方のライブでそのシステムが導入されることを願ってます(笑)。そろそろ舞台版『幕が上がる』の準備も始まりますよね?

百田夏菜子:ウワサでは、オリザさんが演技のハードルをすごく上げているらしくて……。まだ詳細は私たちも分からないんですが、しっかりとしがみついて頑張りたいです。

――では最後に、映画公開を楽しみに待っているファンにメッセージをお願いします。

百田夏菜子:どの世代の方が観てもキラキラした青春を感じられると思うので、ぜひ劇場でご覧ください!

高城れに:スクリーンに映っているのは、みんなが知ってるももいろクローバーZじゃないよっていうのを見せたいし、あまり私たちのことを知らない人にも興味を持ってもらいたいです。最低ひとり2回は必ず観てください!

――本日は、ありがとうございました!

ももクロ主演映画『幕が上がる』予告編 (YouTube)
https://www.youtube.com/watch?v=kVGhh4xG1m8

映画『幕が上がる』公式サイト:
http://www.makuga-agaru.jp/


(C)2015 O.H・K/F・T・R・D・K・P

よしだたつきの記事一覧をみる ▶

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP