ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

実用的なAR!パソコンの画面で腕時計を試着できるティソのウェブサイト

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ARで腕時計の試着ができる『TISSOT REALITY』

スウォッチ・グループ傘下でスイスの時計メーカーティソ(Tissot)社のウェブサイトがスゴいのでご紹介。AR(拡張現実)を利用して、パソコンの画面上で腕時計の試着ができるのです。実際にお店で見る前に、自分に似合う時計かどうか試せるのはなかなか親切。今までエンターテインメント用途に使われることが多かったARですが、実用的な用途に利用できる例として注目できます。

※すべての画像を表示するにはこちらをご覧ください

腕時計が描かれたPDFをプリントアウト

ティソ社のサイト『TISSOT REALITY』を表示すると、紹介ビデオの横に2種類のボタンが表示されています。ここでまず「PRINT WRISTBAND & READ INSTRUCTIONS」をクリック。腕時計が描かれたPDFファイルを開くので、これをプリントアウトします。

紙の腕時計を装着

腕時計を切り抜いて、バンド部分の切れ込みを組み合わせて腕に装着します。試着にはWindows/Mac両方に対応する専用アプリケーションが必要となるので、サイトでOSを選んで「DOWNLOAD」をクリックし、アプリケーションをインストール。アプリケーションを起動すれば準備完了です。

紙の時計の文字盤に当たる部分には、CGをカメラ画像に合成する位置を示すARマーカーがプリントされています。これをウェブカメラに映すと、腕にティソの腕時計が!もちろん、角度を変えると腕時計も追随し、いろいろな角度から装着したイメージを確認することができます。

画面をクリックして製品情報を表示

製品の画像をクリックすると、腕に表示する腕時計も切り替わり、どの時計が似合うのかチェックできるほか、アプリケーションで「FUNCTION MODE」のボタンをクリックして、腕時計に表示されるマーカーをクリックすると、詳しい製品情報をカメラ画像に重ねて表示できます。

時刻はパソコンの時計と同期しています

文字盤を傾けるとキラキラと光が反射して、なかなかリアルなCG表示となっています。さらに芸が細かいことに、文字盤の時刻がパソコンの時刻と同じ、リアルな時刻を表示しているのです。カメラ画像にCGキャラクターを重ねたり、ユーザーのコメントを重ねたりと、どちらかというとエンタメ指向だったARの活用ですが、これはかなり実用的な事例といえそうです。

ウェブ通販は便利ですが、製品を身に着けたイメージがわきにくいのが難点。こうしたサービスが広く普及すると、さらにウェブ通販が楽しく、便利になりますね。Tシャツに表示したARマーカーで洋服を試着できるサービスというのは、すぐに実用化されそう。今後のアパレル分野でのAR普及が楽しみになってきました。


ティソ社の『TISSOT REALITY』

ティソ社の『TISSOT REALITY』
http://www.tissot.ch/reality/

■関連記事
ARでバトル?! 7月から展開する『デジモン』新シリーズには大人も注目!
100周年を迎える老舗企業『内田洋行』に行ってきた! ARの凄い技術を見せて貰ったよ
東京国際アニメフェア2010 AR技術に迫ってみた!

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。