体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)

ガジェ通
リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)

あなたはコーヒー派?紅茶派?眠い時はやはりコーヒーという方も、頭をシャキっとさせたい時には、紅茶もオススメですよ。前回はストレートティーの作り方を紹介させていただいきましたが、今回は応用編、レモンティー、ミルクティー、スパイスティー、ロイヤルミルクティー、アイスティーといった定番の紅茶メニュー5種類を紹介しちゃいます。とっても簡単でおいしく作れますので、ぜひお試しください。

基本のポイントは同じですので、基本編の記事も読み返してみてくださいね。
リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(ストレートティー編)

■メニュー1:レモンティー
1.マグカップにお湯を注ぎ(カップの1/5~1/4くらい)、10秒程度ぐるぐると回し、カップ全体があたたまったらお湯を捨てます
2.マグカップに8割ほどお湯を注ぎ、すぐにティーバッグを入れます
3.マグカップのフタ、なければお皿かラップでフタをして1~2分蒸らします
4.レモンを2~3mmにスライスしておきます

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)

5.フタをとり、ティーバッグを数回上下に揺らし、全体が均一になるようにして、取り出します
6.スライスしたレモンを入れ、2~3回かきまぜてすぐ取り出します

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)

*** ポイント ***
レモンティーは味を出すのではなく香りをつけるもの。レモンを押しつぶしてエキスを出したり、レモン果汁を入れるとティーレモネードになってしまいます。ホットティーの場合はレモンを入れっぱなしにしておくと、レモンの皮にあるレモンオイルが流れ出て、苦くなってしまうので、すぐ取り出してくださいね。
レモンがない場合はレモンフレーバーのティーバッグを使えば、同様の香りが楽しめます。

■メニュー2:ミルクティー
1.マグカップにお湯を注ぎ(カップの1/5~1/4くらい)、10秒程度ぐるぐると回し、カップ全体があたたまったらお湯を捨てます
2.マグカップに8割ほどお湯を注ぎ、すぐにティーバッグを2個入れます。1個でもよいですが2個がオススメ
3.マグカップのフタ、なければお皿かラップでフタをして紅茶を濃く出すためにしっかり2分蒸らします
4.フタをとり、ティーバッグを数回上下に揺らし、全体が均一になるようにして、取り出します

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)

5.牛乳を適量注ぎます

リプトンに教えてもらった“ティーバッグでも美味しい”紅茶のいれ方(応用編)
1 2 3 4次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会