体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

産経新聞が発達障害についての俗説を広め、偏見を助長しようとしている件について

俺の邪悪なメモ

誤った知識による報道が偏見や差別をもたらしてしまう。そしてそれがたくさんの人々を追い込んでしまう。今回は罪山罰太郎さんのブログ『俺の邪悪なメモ』からご寄稿いただきました。

産経新聞が発達障害についての俗説を広め、偏見を助長しようとしている件について
『Twitter』でも叫んだんですが、心底腹が立ちました。

産経のこの記事。
【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう – 『MSN産経ニュース』
http://sankei.jp.msn.com/life/education/100419/edc1004190041000-n1.htm

発達障害について書かれてるのですが、間違いだらけで本当にヒドいのです。

たとえば、記事には
——
発達障害は2歳までに発見して対応すれば治り、3歳までなら5分5分、4歳以上では困難になるという。
——
【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう – 『MSN産経ニュース』 より引用

と、「早期治療で発達障害が治る」という意味のことが書いてありますが、これは明確な誤りです。

発達障害は、生物学的・遺伝的要因により現れる社会生活に困難をもたらす個性です。病気ではないので「治療」することはできません。

発達障害児に対しては「治療」ではなく、特別支援学校(養護学校)へ進学するなどして、その個性がうまく社会に適応して自立できるように支援する「療育」を行うのです。

上の引用部分は、さいたま市教育相談センターの金子保所長がいってることなんですが、さいたま市のことがかなり心配になります。

また、記事の中で脳科学の専門家として登場する澤口俊之氏は、実証されてない奇妙な自説を展開する本を何冊も書いているトンデモ学者。この記事でも快調にフカシてます。

この記事のように「発達障害は適切な治療をすれば治る」といったウソがばらまかれると
「発達障害は治療すれば治る」 → 「発達障害児の親は治療を怠っている」 → 「自己責任ドーン!」
という、完全に間違った認識を生み、偏見を助長してしまいます。

これは障害児やその親を追い詰めることになりますし、「○○教育法で障害が治る!」といったインチキ商法をはびこらせることにもなり問題です。

で、俺(おれ)がこの記事で特に腹立たしいのは、間違ってるだけでなく、書き手(明星大教授・高橋史朗氏)の障害者への差別意識が垂れ流されているところです。

例えばこのくだり。
——
ちなみに、特別支援を要する子供が1割を超えるアメリカでは、障害者法によって、障害の程度と性質を勘案した個別プログラムが策定され、それに準拠した教育サービスの提供が義務づけられている。そのための教育予算の不足が問題になっている。
——
【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう – 『MSN産経ニュース』 より引用

アメリカの例を出して、「障害者にきちんとした手当をすると、教育予算が不足して問題になる」と主張してるようにしか読めません。

以前別のエントリで書きましたが、障害は個性であり社会の状況により何が「障害」になるかは変化します。つまり障害が「障害」になるのは社会の都合であり、社会の側が障害者に手当をするのは当たり前なのです。上のアメリカの例で問題があるとしたら、障害者に手当しようとすると不足する予算配分の方です。

更にヒドいのはこのくだりです。
——
発達障害児にテレビやDVDなどのない生活を用意し、豊かな言葉がけを行うよう保護者に指導したところ、大きく改善した。また「あやし」「笑わせ」「たかいたかい」などを実施したところ、子供が喜び、言葉が出て、人間性が回復することもわかった。
——
【解答乱麻】明星大教授・高橋史朗 豊かな言葉がけ見直そう – 『MSN産経ニュース』 より引用

前半は、典型的なメディア有害論ですね。しかしテレビやDVDのせいで発達障害になることは100%ありません(発達障害と、子どもをテレビやDVDにどのくらい触れさせるかは、関係のない別の話です)。

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。