体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【Adobe CS5】バージョン15はダテじゃない!『Illustrator CS5』はベクターを超えたベクター!?

Illustrator CS5

アドビ システムズよりついに本日発表された『Adobe Creative Suite 5』。その中のツールでも最もメジャーリリースバージョンが多く、今回でなんと内部バージョンは15を数える『Illustrator CS5』の主な新機能の中から、特に注目した機能をご紹介します。

・新たな遠近描画で立体アートワークの制作を強力アシスト

Illustrator CS5

「遠近グリッドツール」「遠近図形選択ツール」が追加となり、描画を展開するアートボード内に消失点をもったグリッドを配置することができるようになりました。これを使用することでグリッド内に図形や文字を配置して容易に遠近感のある描画を行うことが可能です。

Illustrator CS5 img_1745 img_1746

グリッドは「左面」「右面」「水平面」とわかれていて、グリッド外で描画していた図形や文字も自由にそれぞれのグリッド内に再配置することができます。

Illustrator CS5 img_1748 img_1752

文字ツールで配置した文字の場合、グリッドに置いたままで選択することでそのまま文字の修正を行うことができます。また文字を分解して大きさなどを変更して再配置することも容易です。

・今までできなかった詳細な設定が可能、線パネルの機能強化

Illustrator CS5 img_1759 img_1760

『Illustrator』の肝とも言うべき“線”についても強化が行われました。「線幅ツール」が追加になり、描画した線に対してこのツールを使うことで、その線の幅を自由に変更することができます。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。