ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【Adobe CS5】バージョン15はダテじゃない!『Illustrator CS5』はベクターを超えたベクター!?

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

アドビ システムズよりついに本日発表された『Adobe Creative Suite 5』。その中のツールでも最もメジャーリリースバージョンが多く、今回でなんと内部バージョンは15を数える『Illustrator CS5』の主な新機能の中から、特に注目した機能をご紹介します。

・新たな遠近描画で立体アートワークの制作を強力アシスト
「遠近グリッドツール」「遠近図形選択ツール」が追加となり、描画を展開するアートボード内に消失点をもったグリッドを配置することができるようになりました。これを使用することでグリッド内に図形や文字を配置して容易に遠近感のある描画を行うことが可能です。

グリッドは「左面」「右面」「水平面」とわかれていて、グリッド外で描画していた図形や文字も自由にそれぞれのグリッド内に再配置することができます。

文字ツールで配置した文字の場合、グリッドに置いたままで選択することでそのまま文字の修正を行うことができます。また文字を分解して大きさなどを変更して再配置することも容易です。

・今までできなかった詳細な設定が可能、線パネルの機能強化
『Illustrator』の肝とも言うべき“線”についても強化が行われました。「線幅ツール」が追加になり、描画した線に対してこのツールを使うことで、その線の幅を自由に変更することができます。

細かく指定した線の幅をプロファイルに登録できるので、デザイン上左右対称にしたい線(眉毛など)を作るときもそれを使用すると容易に何度も同じ描画を行うことができます。

『Illustrator』ではそれぞれの描画に面と縁線があり、縁線の太さを選ぶことはできましたがその線を細かく指定することはできず、それを行うには大変な時間と労力が必要でした。しかし「線幅ツール」を応用することで、動きのある縁線を表現するのが容易になり、まるで筆を使って描画したような表現をすることも可能です。

また、縁を破線にすることはこれまでも可能でしたが、これまではユーザーの設定通りにツールが計算をして自動的に配置していたことで、図形のコーナーや先端に破線が上手く合いませんでした。CS5では「線パネル」上のボタンを押すだけで自動的に調整を行い、コーナーに合わせて綺麗な破線を作ってくれます。

・追加された絵筆ブラシで手書き表現が可能
ベクター描画といえば『Photoshop』などのように手書きの細かい表現をすることが苦手というのが通説でした。しかし「絵筆ブラシ」がその垣根をなくしてしまうように手書き風の表現を可能にしました。水墨画のような表現も『Illustrator』上で行うことができます。もちろんそれぞれはベクターデータですので、他の描画と同様に色の変更や拡大縮小をすることが可能です。

・直感的なオブジェクトを作成、シェイプ形成ツール
図形と図形を重ねてその重なり部分を使いたい、または取り去りたいと考えることは『Illustrator』使いなら一度はだれもが考えた事だと思います。それを可能にするのが「シェイプ形成ツール」です。

重なり合った部分だけを取り出すこともできますし、複数の図形を一発で合体させて新たな図形を作成することも可能になります。

その他にも「複数アートボードの機能強化」により、同じ図形を同じ位置にコピーペーストすることが容易になったり、これまでは選択するのが非常にめんどうで多くの手順を踏まなければならなかった背面描画が直感的に行えるようになったりと、これまでの『Illustrator』のかゆいところに手が届く新機能の数々。創作の幅が広がり、制作時間も大きく短縮できそうな『CS5』。店頭での販売予定は2010年の5月下旬を予定していて、アドビストアでは本日より予約販売が開始しています。
 

■関連記事
アドビシステムズがデザイン・開発向けソフト製品群『CS5』を発表
【Adobe CS5】より使いやすくより易しく『Flash Professional CS5』はクリエーターの未来を開く
【Adobe CS5】64bit化した『Premiere』『AfterEffects』は動画編集の福音となるか

as@地生の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP