ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『Edy』『Suica』など電子マネーの残額をいつでもどこでもチェック!『RELET』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

relet

キングジムは、『Edy』『Suica』『nanaco』『WAON』など電子マネーの残額を手元でいつでも確認できる電子マネービューワー『RELET(リレット)』を4月1日に発売します。価格は8379円(税込み)です。

ショッピングや交通機関などで利用が進む電子マネー。1枚で複数の用途に使えるものもあり、便利に使えるようになりましたが、インターワイヤードが実施したアンケート『電子マネーに関するアンケート2009』によると「残額がいくらなのか分かりにくい」という不満が利用者から挙げられています。『RELET』はこれを解消。電子マネーを本体に重ねてボタンを押すだけで残額を表示します。

大きさはW85.5×D54.0mmと、電子マネーと同程度で、厚さも4.5mmと薄型。サイフやカードケースに入れて電子マネーと一緒に持ち歩き、いつでもどこでも残額が確認できます。本体カラーはチタンシルバー、オレンジ、パールホワイトの3色。重量は約21g(電池含む)です。

対応する電子マネーは、ビットワレットが運営する『Edy』、東日本旅客鉄道(JR東日本)で導入されている『Suica』、セブン-イレブンで使える『nanaco』、イオングループで利用できる『WAON』。キングジムでは2010年3月現在、JR西日本の『ICOCA』、高松琴平電気鉄道の『IruCa』、JR北海道の『Kitaca』、札幌市営地下鉄の『SAPICA』、JR九州の『SUGOCA』、JR東海の『TOICA』、西日本鉄道の『nimoca』、広島地区で導入されている『PASPY』、パスモが発行する『PASMO』、福岡市で導入されている『はやかけん』、関西圏で導入されている『PiTaPa』(JR利用分)での動作を確認しています。

■関連記事
いやされる握り心地の三菱シャープペン『ユニアルファゲル』に『クルトガエンジン』搭載モデルが登場
親子で作れる『アンパンマン ほかほかキャラ弁屋さん』、セガトイズから発売へ
『iPhone/iPod』用AVケーブル付属の超小型プロジェクター『CINEMIN Swivel ピコプロジェクター』

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。