体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

バカの意見をバカがまとめたらバカ日本地図になった

wikigu

「バカ」と言っても誹謗中傷の意味ではない「バカ」なのでご安心めされい。どちらかというと「バカ殿様」に近い意味の「バカ」である。

今回ご紹介させていただくのは「バカの意見をバカがまとめたらバカ日本地図になった」というお話。

日本地図はわかっているようでわからないもの。都道府県がどこにあるのかイマイチわからないという人は多いと思われる。

なにかと忙しい日本人。現在住んでいる地域と実家周辺くらいは知っていても他県まで徹底して覚える機会や時間がないというのが実情。

「都道府県がどこにあるかわからない」のは仕方がないかもしれない。

そんなバカ……じゃなくて忙しくて勉強できなかった人たちの頭の中にある「日本地図」のイメージをまとめてみたら「とんでもない日本地図」になったという動画をご紹介したい。

この動画はさまざまな日本人の「日本のイメージ」を次々と日本地図に当てはめていくという流れになっている。

バカ……じゃなくて忙しくて勉強できなかった人たちのイメージがどんどん日本地図に加味されていくようすがおもしろい動画だ。たとえばこんな意見がどんどん加わっていく。

佐賀の場所がわからない人が多いので長崎に吸収されました」、「鹿児島を島田と思っている人が多いので島にしました」、「富山、石川、福井の存在が薄い上に金沢のイメージが強いので、すべて合わせて金沢県にしました」、「群馬、栃木、茨城を知らない人が多かったのですべて埼玉県に吸収させました」、「四国の存在感が薄いので半透明にしました」。

そのほか多数のバカ……じゃなくて忙しくて勉強できなかった人たちの意見を取り入れて完成したのが「バカ日本地図」だ。

「バカ日本地図」は谷口一刀(たにぐちいっとう)先生がバカ……じゃなくて勉強できなかった人たちの意見をまとめて作成した日本地図だ。

「バカ日本地図」が話題になったのは結構前なのにもかかわらず現在も人気を博している。

■最近の注目記事
サラマンダーを食べてみた
アメリカ人が作るラーメンは本当に美味しいのか確かめてみた
苺ホワイトチョコレート餃子を作ってみよう
チョコレートたっぷりチョコレートラーメンを食べてみた
ガジェット通信流お好み焼きレシピ大公開! メチャ美味しい

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。